スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブクマにお答え

 芸のないタイトルが続きますが(^^; 先日のエントリーにこんなブックマークがつきました。
sirobu エロゲ, 表現の自由 "だから手を貸してください。"レイプ犯だと思われたくなかったら手を貸せってずるいよなぁ。じゃ、規制に関わるファシストだと思われたくなかったら手を貸せって言われたら貸します?

こちらとしては、そんなつもりはさらさら無かったので、どうやったらそう読めるのか教えてください、とお願いしたところ、返事が来ました。
(……それはいいんですが、なんでブクマで? 普通にコメントくださいよ)

で、それに答える為にエントリーあげてます。ブクマじゃ答えにくいんで。

いただいたお返事は以下のものです。(三つに分かれていたのをまとめています)

・"性暴力表現に関してはそれが無いか、(略)現実の性暴力のような破壊的なものとは誰も思ってない"と性的暴力とその表現を同等扱いしてますよね?
・性的暴力を含んだ成人向けゲームにおいてプレイ前にほぼ必ず「犯罪にあたる行為を絶対に真似しないでください」と言った注意勧告がなされます。
・これは暴力表現よりも重たい扱いだと思うのですが、これでもまだ「自覚が足りない。ユーザ個別にアクションを起こすべきだ」とおっしゃるのでしょうか?

 とりあえず最初から、性的暴力とその表現を同等扱いしてるわけじゃありません。(2)の部分は(1)を大前提としていること、引用してくれた文章の前に、”他の暴力表現であれば作り手も受け手も「暴力である」ということを認識しているのに対して”、とあることを忘れないでください。この文章は”性表現”と”性暴力表現”を混同している、ということを述べているのです。

 次に二つ目と三つ目。これはMe-changさんのコメントを読んで少し考えを改めた部分もあるのですが、もしゲームユーザーの多数派が彼のような考えをするのであれば、少なくとも”認識が無いかきわめて薄い”という評価は不当であると認めます。
 ただし、このエントリーを書こうとした時点で、多面体さんのブログに二次加害としか思えないようなコメントやブックマークが多数ついていた、という事実がある以上、無条件には撤回できない。彼ら二次加害者の中には確かに只の野次馬や、これを機会に”性暴力被害を訴える女性を攻撃しよう”という人が混じっているのでしょうが、自身で規制反対、陵辱ゲーム擁護を口にしている以上、こちらとしてもそう見なすことになります。
 また、現実の性暴力被害について「関心を持てと言われることが暴力だ」とか、「知るかボケ」と書いた規制反対派がいることも付け加えておきます。

 コメント欄は開けておきますので、ご意見があれば遠慮無くどうぞ。公開、非公開は問いません。でもブクマで答えるのは勘弁してね。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle

あのエントリのコメントとしては場違いだと感じたのでブクマコメにいたしました。
読みづらかったと思いますので、その点謝罪いたします。

今回のコメントは身勝手だと取れるような内容かもしれませんが、ご容赦ください。

前回のエントリの骨子としては
・性的暴力表現は暴力表現である。
・暴力表現の中でも作り手、受け手共に暴力表現であると言う認識が薄い。
・規制反対派はフィクションと現実の区別が付いていると言っているが、
 現実の性的暴力について理解しているのか
・規制反対派は(私たちに)認められたかったら何らかのアクションを起こさなければならない
と言うことでよろしいでしょうか。

自分が引っかかっているのは最後の「現実を変えるために手を貸してください」という部分です。
言外に「手を貸さない場合は現実での性的暴力を認めている」と読めるんですが、間違っているでしょうか?


成年向けゲーム側の事情として5,6年前から年1回ぐらいの割合で『何らかの』法的規制の動きがあるという実状があります。
(その運動の筆頭が日本ユニセフ協会、山谷えり子氏や野田聖子氏、公明党PTです)
今年は性差別が理由として上げられましたが、去年までは児童ポルノの一種としてやり玉に挙げられていました。

アダルトゲーム業界はジャンルとしての年齢が若いこともあり、ろくな規制反対団体がありません。
ソフトウェア倫理機構は成り立ち上、必ずゲームメーカーの擁護ではなく、自主規制という動きを取ります。
そのためユーザー側から規制反対の声を上げるしかありません。
性的暴力被害者ほどの被差別はありませんが、成年向けゲームのプレイヤーに対してもある程度の被差別はあります。
こういった状況下で性的暴力被害者の救済運動にもコミットするべきだ、というのはいささか無理があると思うのですが。


身も蓋もない話ですが、成年向けゲーム愛好者としてはゲームへの法的規制、並びに法的規制を回避するための自主規制の回避というのが第一目標なんですよ。
もし性的暴力被害者の救済運動に参加した場合、成年向けゲームの規制回避のためになんらかの努力をしていただけるのでしょうか?

互いに譲れない点や優先順位が違う以上、妥協点を探る程度のことしか出来ないと思います。
「総論(法的規制反対)賛成、各論(性的暴力表現の是非)ペンディング」辺りなら双方納得がいくのではないでしょうか。
その上で
「今回の件を通して少しでも実際の性的暴力の被害者への理解が深まってほしい」
とか
「性的暴力表現に触れることで性的暴力の被害者は傷つきます。
 そうした人たちの目に触れないようにするためにも
 より一層のゾーニングを徹底するよう呼びかけてみませんか?」
といった表現であれば、ゲーマーの賛同もある程度得られると自分は思っています。

以上、2時間以上こねくり回したため、乱文となっておりますがお許しください。

2009.06.24 (Wed) | しろぶ #J0mOprgI | URL | Edit

ああ、確かに

”手を貸してください”の後に”私はそれには乗れない”の文章が続いたらそう読めちゃいますね。ごめんなさい、たぶん誤解です。
先に私は乗れないの方から書きますが、これは守ろうとしている表現の自由が持つ負の面から目をそらさないでくれ、という話です。
多面体さんのエントリーでの初期のコメント欄がサンプルになってしまっているんですが、対抗言論をあげるとああいったセカンドレイパーたちが大挙して押し寄せてくる現状にあって、単に表現の自由”だけ”を掲げられたら、危なっかしくてそれに賛同はできない、という意味で、こちらに手を貸してくれるかどうかというのとは話は別です。

で、手を貸してくれと言う方はですね、一個前のエントリーでも触れたんですけど、撃つべき相手は一緒なんじゃないかと思ってるわけですよ。
http://blog.livedoor.jp/nanae_ll/archives/51210696.html
ここのエントリーなんかにあるように、性差別解消に向かうには表現規制ではなく対抗言論をあげてく事の方が有効だろうと思うのですが、現規制推進派はそっちでの障害になるとしか思えない。確かに優先順位は違う物の、妥協と言うより共闘は可能なんじゃないの? ていうくらいに受け取ってください。

2009.06.25 (Thu) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

困りましたね

セカンドレイパーや表現の自由"だけ"を掲げる人は見事に足を引っ張ってますね。こんな連中の中で規制に反対するのは度胸が要ります。

自主規制の締め付け強化に賛成しつつ法規制に反対する私は、どう対応すべきか悩むわけですが.........

2009.06.26 (Fri) | ulm #- | URL | Edit

NoTitle

返事が遅れてすみません。

>うちゃさん
仰りたいこと、ある程度理解しました。
ただアクションと具体例なしに言われると何を指しているのかわかりづらいので、
今後同様の場面では具体的にしていただければ、と思います。

今回は性差別問題がフィールドとなっているため、
反対運動が皆様の目に留まったのかと思いますが、アダルトゲームに関しては

青少年への悪影響→プレイヤーによる児童への犯罪の増加→児童の権利侵害→女性の権利侵害

と規制側の目的が数年の間に変わっています。
そのため反規制側も反論のために論理武装している面があります。
色々と理解、見識の浅いこともあると思いますが、ご容赦いただければと思います。


コメントスクラムとなってしまうのはこの問題に限らず、ネット上での困った点の一つですね。
もちろん相手を中傷することを目的としてる方々が多いのも問題なのですが、
1対多という状況を簡単に作り出してしまうBlogの限界もあるのかな、と思います。
(例え論理的に規制の問題点を説く人のみが書き込んだとしても、
 多数書き込まれた時点で多面体さんの受けるインパクトはさして変わらなかったでしょう)

2009.06.27 (Sat) | しろぶ #- | URL | Edit

NoTitle

ulmさん
そんなひとばかりじゃないんでしょうけど、悪いところは目立っちゃいますね。今回は冷静に話せる人たちがきたおかげで大分印象が変わりました。

しろぶさん
>アクションと具体例なしに言われると何を指しているのかわかりづらいので、
>今後同様の場面では具体的にしていただければ、と思います。
いろいろと済みません。以後は注意します。

>規制側の目的が数年の間に変わっています。
それは目的と言うより口実ですね。本気で女性や児童の権利に関心があるというわけではないんじゃないでしょうか?
これらに引きずられる形で、規制反対運動が、子供や女性の人権をなぜか敵視してる人たち(いわゆるネトウヨ系の人)と野合するようなことがないといいのですけど。

>コメントスクラムとなってしまうのはこの問題に限らず、ネット上での困った点の一つですね。

確かに一般的に見られる現象とはいえ、やはり今回の件は社会の性差別構造のひとつの現れだろうと思います。

2009.06.28 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 …どれだけ放置してたんだって話ではあるんだけど…あれだ、風邪で死んでたんだ。  この辺を書くきっかけになった18禁ゲームに関しては 「日本社会には、こういうものを「ネタ」として流通させられるほど現実の性暴力に対してのリテラシー(以下「現実へのリテラ...

2009.06.27 (Sat) | 七重のまったり日記

6月27日エントリの、「性暴力ゲーム」のメモのつづき。 (探せば、ほかにもいっぱいありますよ。) 『かめ?』: http://blog.livedoor.jp/gegenga/archives/51677035.html 『Non-Fiction』: http://uchya.blog109.fc2.com/blog-entry-1200.html 『akira's room』: http...

2009.06.30 (Tue) | たんぽぽのなみだ~運営日誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。