スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneとサイクルコンピューター

 自転車に乗るようになると、欲しくなってくるのがサイクルコンピューターというものである。基本は速度計であり距離計なんだが、これがあると自分のペースや、その日の走行距離なんかがつかめるのである。高級機になるとさらにケイデンスや心拍数を計ることができ、運動強度をより正確に把握できるようになる。これなんかは特にフィットネスで自転車に乗っている人にとってはありがたい機能である。

 そして、iPhone用のサイクルコンピューターというのも作られている。たとえば、The Bike ComputerB.iCycle
 ただ、iPhone用のアプリは全部GPSを利用したものなので、精度面ではやはりいまいちで、ときどきめちゃくちゃな速度を計測したりする。また、当たり前だけどケイデンスやら心拍数の測定はできない。これはOSの制約からくるものなので、アプリ側ではどうしようもない。

 が、それは現バージョンまでの話。OSが3.0にバージョンアップされれば、ドックコネクタを経由してハードウェアの制御ができるようになる。iPhoneと測定器をコネクタでつないで使う製品を作ろうと思えば作れるのだ。ただ、問題になるのはバッテリーの持ちかな。せっかくのiPhoneなんだから、やっぱりGPS機能も一緒に使いたくなるだろうが、そうなるとバッテリーの消費量が半端ではなくなる。ドックコネクタを塞いじゃうと外部バッテリーがつなげなくなっちゃうんだよね。測定器側から電力供給できるようにしてやるか……

 と、ここまで考えてから思いついたんだけど、ひょっとしてセンサー部分だけあればいけるんじゃない? 3.0ではBluetoothも使えるようになるんだから、センサーと接続して、カウントやらの処理は全部iPhone側でやらせるようにすれば、センサーは本当にごく単純な作りで済んじゃうはずだし。おまけに配線の手間がいらない上、無線式の難点の一つである混信の問題もクリアできそうだ。これならドックコネクタは空いているから、iPhoneに外部バッテリーをつなぐことで電源問題は解決しそうだ。あとはセンサー側のコストとバッテリーか。結構いけそうなきがするんだけど。作りたい、というところがあったら協力しますぜ。
スポンサーサイト

Comment

iPodには

 加速度センサーとかいうらしい、とってもそれらしい名前のセンサーが搭載されていると聞くのに、こういう用途には使えないんですね。自転車のスペックを入力しておいて、ペダルを漕いでいる脚にとりつけて測定、って駄目かな(^^;

 あるいは、重いリストバンドつけてうちわを使って運動しているものz…、こほん、カロリー消費に熱心な人もいるらしいから、リストバンドにtouchもつけて消費カロリーが出せたりしたら面白そう。
ついでに、マラカスみたいな効果音つきで。(<-素人だから言いたい放題

2009.05.17 (Sun) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

NoTitle

いや、やってやれないことはないんだが、脚にくくりつけようと言う人間がいるかどうか(^^;
それと、脚の回転数”だけ”じゃダメなんだよね。

>リストバンドにtouchもつけて消費カロリーが出せたりしたら面白そう。
もしかしたらもうあるかもしれないぞ(嘘)

2009.05.18 (Mon) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。