スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還珠姫(原題:還珠格格)第二十一話

 ここにきて新キャラ投入ですか
・小燕子
 宿命のライバル登場(笑) それはチベットからやってきたサイヤ公主。自分とまるっきりキャラがかぶっているこのお姫様に、激しい対抗意識を燃やす。これ、単純に似ているというだけでなく、ニセモノの自分に対して、向こうは本物のお姫様で、どうやら武功も自分より上らしいとわかっているから、コンプレックスを刺激されてよけいに腹立つんだろう。
 それでも武術大会の応援合戦で張り合ってるあたりまでは良かったが、皇上がヨンチーを彼女の婿にしようと考えていると聞かされて大暴走を始めようとしている(^^; こうなっちゃうと人の話を聞かないからなぁ、この娘は。

・紫薇
 そして紫薇の方も大問題が。なんと皇上から側女に迎えたいとほのめかされてしまう。身代わり事件のインパクトが大きすぎたか(^^; こうなったら早いところ真相を明かさないとまずいということになったが、ちょうどチベットからの客人を招いているところなので時間が取れないという間の悪さ。まあ、その分話がそれ以上進まないだろうから、なんて言ってたら、なんか令妃ねーさんはもうすっかりその気ですよ? 状況は不穏だ。

・皇上
 そして娘二人が切羽詰まっていると言うことにはまるっきり気がついてない皇上は、チベットのバラベン首長とは友好関係が結べるは、理想の女性をもうちょっとで手に入れられそうだはと、公私ともに絶好調と思っているので上機嫌。両者の温度差が激しい今回である。

・アルカン
 チベットとの親善武術大会で、清側が連敗していたのを見て飛び入り参加。この人ってかなり強かったんだ、紫薇スイッチが入ってないときはきりっとしてて格好いいな。やっぱり飛び入りで参加してきたサイヤにも勝っちゃいました。

・サイヤ公主
 チベットのお姫様。母系社会であるチベットでは姫の地位も高いみたいで、その分鼻っ柱も強いようである。おかげで小燕子が二人? みたいな状況になっているが、こっちの方が余裕ありそうに見えるのは、やっぱり生まれついての姫様ってところが大きいんだろうな。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle

>なんか令妃ねーさんはもうすっかりその気ですよ
この人も意外と行動がわかりやすいですね(笑)
視聴者は外野だから気楽に見ていられるってのもあるかも知れませんが、
とりあえず真相を知っている身からすると、あからさまさが滑稽で可笑しいです。

>チベットのバラベン首長とは友好関係が結べるは
なんかアルカンが飛び入り優勝してなかったら、そうも行かなかった気が(^^;
皇上、大人気なさ過ぎです(笑)

2009.04.07 (Tue) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

NoTitle

>行動がわかりやすい
悪い人じゃないんですけど、思いっきりベタに後宮の人という感じです(^^;

>大人気なさ過ぎ
負けず嫌いなところは、小燕子とよく似てますから(笑)

2009.04.07 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。