スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還珠姫(原題:還珠格格)第九話

 この父娘を見てるだけでも楽しいな。
・小燕子
 紫薇にも会えて、意気揚々と帰ってきたところ、おっかない顔したお父様がお出迎え(笑) 必死で謝ったおかげで、その場は何とかしのげたものの、翌朝皇上に釈明することになった。言い訳の口裏を合わせようと、早朝からヨンチーのところにアルタイ・アルカンと集まっていたところ、今度は皇后に踏み込まれてしまった。
 釈明しなきゃならないことが更に増えて大ピンチとおもいきや、いつのまにか小燕子のペースで話が進み、たいしたお咎めもない上に、正式に外出許可までもらえてしまった。
 これ、皇上が親ばかとか、辺境の戦乱でそんな小さな事にこだわってられないとかももちろんあるんだろうけど、紫薇との約束通り、「もう姫様なんかやめる」を言わなかったというのも大きいんじゃないかな。いままではことあるごとに逃げだそうとしていたのに、今回はそうしなかっただけじゃなく、良い姫になるようにがんばるから、まで言ってる彼女の変化に、皇上も気がついたんだと思う。
 そう考えれば、叱られてしまったけれど、抜け出して紫薇に会ったのは決して無駄ではなかったんだろう。無謀ではあったにしろ(笑)

・皇上
 そんなわけで、見てるところはちゃんと見ているお父様。どかんと雷も落とすけれど、怪我したと聞けば本気で心配するし、おだてられたり甘えられたりすると実に嬉しそう。この父娘、見ていて飽きません。
(皇帝が巷で称えられているというのを聞かされて)
「そんな言葉、ほんとに言われるのか?」
「あたしが自分で考えつくと思う?」
「お前には無理だな」
「でしょう」(なぜか得意げ)
 なんてやりとりとか、ついニヤついてしまうよ(笑)

・皇后
 そしてどす黒いオーラを出しながらそれを見ている皇后(^^; なまじ顔立ちが整っているから怖いです(^^; しかし、なんか狙い澄ましたかのように邪魔しに現れましたけど、もしかして小燕子のことをストーカーしてませんか?

・夏紫薇
 というわけで、再び小燕子とは別れたけれど、以前に比べればずっと心は落ち着いている。ま、心配は心配なんだろうけどね。お互い心が通じているのはわかったから、へんなもやもやはもう無くなったんだろう。そしてアルカンの気持ちにも真っ直ぐ答えた。だが、どうやらそれが新たな波乱を呼びそうな雰囲気である。

・アルカン
 小燕子やヨンチーのフォローをしようと必死で智恵を巡らせるものの、皇上には全然通用せず。しかし、小燕子がこいつらにまるっきり信用されてないのが笑える。複雑な話を考えても覚えられないとか、さんざんである。ま、確かにその通りなんだが(笑)
 しかし、紫薇への気持ちが両親にばれて、なんだか大変なことになりそうな感じ。どうしてこう毎回引きが強いんだろうねこのドラマは(笑)
スポンサーサイト

Comment

NoTitle

>良い姫になるようにがんばるから、まで言ってる彼女の変化
確かに、同じような態度でも、下地になってるスタンスの違いというのは感じてるかも知れませんね。皇阿瑪、頭良いし。
まあ、途中経緯がすっ飛ばされてるので、何が何やらさっぱりわからんだろうな、というのはあると思いますが(^^;

>小燕子がこいつらにまるっきり信用されてないのが笑える
後先考えずにとか、みんな結構ボロクソに言ってますよね(笑)
まあ本人、面と向かって言われてもけろりとしているから、これはこれで楽しいんですが(^^;

2009.03.21 (Sat) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

NoTitle

>何が何やらさっぱりわからん
いきなりフー家に行っていたと言われて、怪訝な顔をしているのがおかしいです。皇上にしてみれば、なんでここでその名前が出てくるのかわけがわからんですからね。で、中途半端に真実ばらされて困っている五阿哥もおかしいし。



2009.03.22 (Sun) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。