スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還珠姫(原題:還珠格格)第六話

 ようやく誤解も解けて……
・小燕子
 ヨンチーたちには事情を明かし、なんとか夏紫薇と会おうと考えるのだが、外に出るのも夏紫薇が宮中に入るのも、皇后に睨まれている今の状況では難しい。そこで手紙を書いてヨンチーに託した、字が書けないので全部絵だったけど(^^; とりあえずこれで夏紫薇に事情は伝わったが、窮屈な姫様生活に嫌気がさしてきた彼女は、なんとかして紫薇に姫の地位を返したいと願うのだった。
 そうは言ってもすぐには無理と言われ、皇上の命令で学校に行くことになるのだが……なんで大喜利になっちゃうんでしょうか(笑)

・夏紫薇
 なんと言っても、あの手紙ですべてを理解しちゃうところがすげえ。普通わかんないだろあそこまで。そして、みんな意外とうっかりさんだったことも判明した。結局誰も小燕子が姫になったいきさつを紫薇にちゃんと説明してなかったのね(^^;
 そして、事情を知った紫薇は姫の座は小燕子に譲って、庶民として生きていくことを決意する。これは小燕子のためという部分もあるけど、それだけじゃなくて、皇上も含めて関わった人全員の幸せを願ってのことなんだろう。だからこそ、フー一家やヨンチーが感服するわけである。

・皇上
 娘の初登校ということで、つい付き添って来ちゃいましたお父様(笑) 娘の珍回答にいちいち反応してるのが可笑しくてたまらん。そして、最後にうまいこと先生をやり込めたら大喜びしているし。だから大喜利じゃありませんってば父上(笑)

・アルカン
 夏紫薇の見せた思慮深さとか才知とか思いやりとかにすっかり見せられてしまったフー家の若様。もう状況も落ち着いたことだしと、家を出て行こうとする彼女に、自分の熱い思いを打ち明けて引き留めようとする。いやー、青春してるなぁ。オープニングの歌詞が内容ときちんと合っているんだよねー、このドラマ。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle

いちおう、小燕子は字が全く書けない読めないというわけじゃないみたいですよ。
ただ、手持ちのものでは表現力が足りないという感じかと。
(まあ本筋には関係ないですが^^;)

それにしても、やっぱり
>普通わかんないだろあそこまで
は可笑しいですよね。
心が通じてるってのももちろんあるんでしょうけど、
それをああいう風に表現できてしまうところに
この娘のハイスペックっぷりが表われてますね~。

2009.03.19 (Thu) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

NoTitle

>字が全く書けない読めないというわけじゃない
そういえば、三字経は習った、って言ってましたね。

>この娘のハイスペックっぷり
ただ解読するだけじゃないですからね。フー一家にしろ、ヨンチーにしろ、教養は人並み以上のはずですが、彼らが感服しちゃうのもよくわかります。

2009.03.20 (Fri) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。