スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お膳立てはそろいつつある、だけど……

 ちょっと前のニュースになるのだが、アマゾンの電子本リーダーkindleの新しいバージョンが発売開始になっている(レビュー記事)。デザイン的にも機能的にも洗練され、もうすっかりビジネスとして成り立っているというのが感じられる。
 でも、それはアメリカでの話。日本ではまだ電子本というのは盛り上がってこないんだよな。で、私はiPhoneに期待している部分があって、前にも「電子本リーダーとしてのiPod Touch」、とか、「電子書籍って、そろそろ本格的に始まらないかな」、なんてエントリーを上げていた。そして、このころはまだ無かった縦書きの文書リーダーはもうすでにいくつかリリースされている。青空文庫に登録されている本であれば、すでにiPhoneやiPod Touchで読めるようになっているのだ。これは実際に使ってみればわかるけれど、かなり快適なのだ。

若旦那の独り言wp » Blog Archive » i文庫に電子出版の未来を見る 
 そうなると、上で紹介したエントリーでも書かれているように、AppStoreでの電子書籍販売に期待がつのるわけなんだが。やっぱり、以前にも書いたように、端末の普及台数と、AppStoreの検索性の悪さがネックになってる。端末台数の方はソフトバンクとアップルにがんばってもらうしかないが、AppStoreの方はせめてゲーム並みのジャンルわけは欲しい。本当は書籍だけの電子書店になって欲しいところなんだけれど。

 とにかく、普通の出版に比べると印刷の必要がないのだから、初期コストがだいぶ下げられる(今であればアプリケーションはもう出来ているのだから、テキスト化と校正の手間くらいだろう)だから、参入してくるところがそろそろあってもいいんだけどな。


スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。