スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつ変わって行ってるのかも

角川だけじゃない、YouTube“違法”動画の収益化 個人ビデオ+BGMの公認も - ITmedia News 
 ここ1年ばかり、動画サイトが成長するにつれて、少しずつだけど従来の著作権者の対応も変わってきているように感じる。
 PCの性能がここまで上がり、かつては高額の機材を用意しなければ出来なかったビデオ編集も、かなり気軽に行えてしまえる。そして、インターネットはそうやって作った”作品”を気軽に公開することができる。
 となれば、これまでのように、大手のパブリッシャーがコピーライトを集中管理するという形態はしまいには破綻するのは目に見えているということなんだろう。情報を追いかけて、利用者を突き止めるということは、そのうち技術的には可能になるんだろうけれど、厳格に著作権を行使して締め付けるだけでは誰も幸せになれない。実際、二次制作物として良くできているMADムービーなんてものは、その対象に深く愛情を持ってないと出来ないものだったりする。こういうものと、ただ単に只で見たいという要求のもとにネットにアップしたものとを同列に扱ってしまうのはおかしいだろう。
 日本でもフェアユースの概念がもうちょっと広がってくれるといいのだけど。それは利用する側、権利者側双方の課題だろう。フリーライダーばっかりになってしまえば、制作費を払ってくれる人がいなくなってしまうわけだし。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。