スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天龍八部 第三十八集

 段誉に関する因縁はこれですべて決着かな?

・段正淳
 結構凄惨な場面でも、この人が登場するとなんかほのぼのとした雰囲気が出来てしまったのだが、まさかこんな最期を迎えることになるとは……。
 それにしても、本当に最後まで愛人たちには分け隔て無く愛情を注いでいたのだな。誰に対しても、「お前といつまでも添い遂げよう」とか言っちゃうのが問題なんだが(^^; この期に及んでも王夫人に言ってるし(^^; それだけに目の前で愛人たちが次々と殺されていくのは耐えられなかったのだろうが。

・刀白鳳
 浮気性の旦那に対する当てつけのために、段延慶と通じてしまい。そのおかげで生まれたのが段誉だったという、ここにきて、「えーっ、なにそれ!?」というどんでん返しが。おかげで王姑娘も段正淳の娘だという件もふっとんじゃいましたよ(^^;
 落ち込む息子を慰めるためなのだろうが、王姑娘だけでなく、木婉青も鍾霊もまとめて娶っちゃいなさい、なんて、あなたすっかり旦那に染まっちゃいましたね(^^;

・段誉
 王姑娘まで妹だと知らされて、やけになって死ぬ気になるのだが、目の前で南海鰐神は自分をかばって死んでしまうし、父の段正淳の愛人たちは慕容復に次々と殺されるは、ついには両親が目の前で自殺してしまう。しかも自分の実の父が段正淳ではなく、目の前の大悪人・悪貫満盈であることを知らされ、もう何が何だか……。さすがにもうお気楽王子ではいられない。
 自力で捕らわれた状態から抜け出すと、慕容復を六脈神剣で撃退する。これで、ずっと続いていた慕容復との因縁は終わったのか。段誉君の方は慕容の若様のことは嫌っていたわけじゃないんだけど……。

・慕容復
 ついに八方ふさがりとなり、悪貫満盈こと段延慶に取り入って燕国再興を計ろうとする。元大理国皇位継承者である段延慶の養子となることで大理国の皇位を継ぎ、大理国を乗っ取った後に燕国を再興しようという遠大な調子のいい計画を練っていたようである。
 だが、道義面から反対した包不同を殺し、それを咎めた風波悪まで殺して進めようとしていた計画は、実は段誉が自分の息子であることを段延慶が知ったことで破綻していたのであった。ほんとに最後まで打算が全部裏目に出る慕容の若様。
 
・南海鰐神
 まさか、そこまで段誉のことを大切に思っていたとは……あれだけ毎回毎回不満そうにしていたというのに。命がけで師匠を守り、段延慶に殺されてしまった。結局、こいつって段誉に弟子にされてからは悪事を働いていないんじゃ……。

・悪貫満盈(段延慶)
 最初は段誉を殺すつもりでいたのだが、彼が実の息子であることを知らされてからは、慕容復にばれないようにこっそり段誉をフォローする。でも、結構疑われていたようであるが(^^; 人の親になったことで自分も人間であることを知り、どこへとも知れずに去っていく。
 
スポンサーサイト

Comment

凄惨な場面なのに…

誉クンが段パパの子じゃない、、、おお素晴らしいそれで万事解決・丸く収まる、と思ってしまいました。激しく間違っている(^^;
誉クンの実父がどうあれ、一人でも弟ができてたら、別のドラマになってましたね。

そんで、刀白鳳さん…
いくら自棄になっていたからって、出血多量で死にかけ寸前に見える行き倒れの人相手に、そんなご無体な(^^;

2009.01.06 (Tue) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

>それで万事解決・丸く収まる
なんとなく納得しかけました(^^; いやいやいやいや、違うから。

>出血多量で死にかけ寸前に見える行き倒れの人相手に
普通、あの状態でそんなことしたら、そのままお亡くなりになってもおかしくありませんが……

2009.01.06 (Tue) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。