スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天龍八部 第二十五集

 覗き見とか、ストーカーとかもお約束ですね(笑)

・慕容復
 家路を急いだあまり、なんか怪しい集会に紛れ込んでしまった。黙って通り抜けさせてもらえるわけもなく、結局戦うはめに。あいかわらず武功だけは一級品のこの人、襲ってきた桑土公を終始圧倒するものの、王姑娘を人質に取られてしまう。
 しかし、彼女には冷たい慕容復。脅しにはのらんぞって……。そりゃ懸け引きというものもあるでしょうが、一途に思っている彼女にしてみりゃショックだよね。

・段誉
 おにゃのこが絡むととたんにヒーローっぽくなる段誉君。ストーカーっぽく王姑娘一行をつけまわしていた(笑)ことが幸いして、彼女の危機を捨て身で救う。そこまでしても、慕容復の心配しかしない王姑娘に、やけになって死ぬつもりで慕容復を助けにもどろうとすると、思いがけず手助けの申し出を受けて、めちゃくちゃ嬉しそうである。しょーもない王子様なんだけど、こういうところを見せられるとどうしても憎めないのよね。
 背中にしょった王姑娘のアドバイスで、結構活躍するものの、多勢に無勢で追い詰められちゃいました。

・王語弊
 見捨てられようが、冷たくされようが、慕容復一筋な王姑娘。段誉と二人羽織での活躍も、従兄(にい)さまのためにやってることなんだが、その従兄さまはそれを見て、またもや嫉妬の炎をめらめらと燃やしております(^^;
 惚れた相手が悪かったとしか……

・卓不凡
 絶体絶命となった慕容復と段誉を救ったのがこの人。仲裁したのは別に親切心からと言うわけでもない。元はといえばこの集会、天山童姥に反旗を翻すためのものだったので、慕容復の武芸を見て味方に付けようと思ってのこと。だから段誉君はおまけあつかい(笑)

・天山童姥
 名前だけ登場。ここに集まった怪人たち、三十六洞七十二島の面々を、恐怖で支配している人間らしい。彼らはあまりの非道に耐えられなくなったため、とうとう謀反を企てたということ。慕容復は打算から、段誉君は正義感から、謀反に手を貸すつもりになった。

スポンサーサイト

Comment

>慕容復
>家路を急いだあまり
<
今まで、いい加減ふらふら彷徨ってたのに、何を今更急いで夜間強行軍してるんですかねぇ(でないとお話にならないけど)。主人公の一人と、事前に噂を聞いていたものの、、、初登場時から右肩下がりに評価が急落しているような。。。
まぁ、他のキャラが楽しいから無問題。
…こんなんばっかり登場人物だったら苦しいですが(^^;

2009.01.03 (Sat) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

>初登場時から右肩下がりに評価が急落している
一応、江湖の評価じゃ喬峯と並び称されているわけなんですが、あからさまに格落ちしてますよね。
やることは打算だらけの割に、それもちゃんと働いてない感じだし。段誉君とか虚竹とかに向ける嫉妬まみれの目がキモいです(^^;

2009.01.03 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。