スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天龍八部 第二十二集

 三人目の主人公が登場。初登場はなんかさえないのだが、こういう人が最後に大化けしたりするんだよなぁ。

・阿紫
 游担之とのコンビは究極のSと至高のMというか、そろっちゃいけないベストカップルというか、なんかどんどんプレイがエスカレートしてますが(^^;
 当然のように、あなた咬まれなさいよ、と毒虫のいる瓶に手を突っ込ませるとか、それで死んでも死ななくても言ってることが無茶苦茶だし。いや、死んで生き返ってくる游担之君も相当な玉ですが(^^;

・游担之
 ドSの阿紫につきあっているうちに、毒をものともしない体になってしまいました(^^; なんか最強の蚕に凍りつかされて、さすがに死んだと思われたのだけど、埋葬をめんどくさがられたおかげでまた生き返ってしまった。そして妙な巡り合わせで星宿派の掌門・丁春秋に弟子入りすることになる。これって阿紫の弟弟子ってことだよね。あくまでも阿紫との縁が切れない游担之。でも本人にそれ言うと喜びそうだよなぁ(^^;

・蘇星河
 武林の英雄たちに招待状を出し、珍瓏という詰め碁を披露する。耳も聞こえず口もきけない老人。逍遥派の門弟で、丁春秋の兄弟子に当たるらしい。珍瓏には人を惑わす力があるらしい。

・丁春秋
 星宿派掌門、つまり阿紫の師父。蘇星河が招待状を出したことを知って、蘇星河の元にやってくる。毒使いで、門弟たちはいつもこいつのことを賛美し続けないといけないらしい(^^; どっかの教祖様みたいである(^^;

・段誉
 久しぶりの登場。簫峯がやたらと苦労が絶えなかった間、こちらはお気楽王子様を続けていたようである。最大の悩みが王姑娘が振り向いてくれない、だからなぁ。

・虚竹
 少林寺の若い僧。生真面目だが武芸はからっきし、碁の腕もぜんぜんなのだが、英雄が集まるなら師匠も来るはず、と考えて蘇星河の元に赴く。到着したのは段誉に続いて二番目。明らかに場違い(笑)

・慕容復
 この人も招待された口かな。公式には初めて段誉と出会うことになる。しかし、王姑娘と段誉が話そうとすると、わざと間を横切ったり、相変わらず小さいやつ(^^;
スポンサーサイト

Comment

違いますっ!

>三人目の主人公が登場
<
段誉君に続く二人目のヒロインです。このお話きっての可憐なキャラですもの。ヒロインなんです。
阿紫?誰ですか?それ?

令狐冲も救った易筋経って、こんなSMコンビのプレイを長持ちさせるためのツールじゃないやい(涙

2009.01.02 (Fri) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

>このお話きっての可憐なキャラ
そ、そうだったのか(笑) なんか納得してしまった。

>SMコンビのプレイを長持ちさせるためのツールじゃない
なんか、激しく使い方を間違ってますよね(^^;

2009.01.02 (Fri) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。