スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天龍八部 第十五集

 かなりの鬱展開なのに、続きが気になって止められないという。いかんな。

・喬峯
 己れの出自を知るため、30年前の悲劇の現場である雁門関にやってきて、阿朱と再会する。そして、そこで宋の官兵に襲われている契丹人の農民を助けたことで、自分が契丹人であることをついに受け入れるのだった。
 30年前の襲撃を指揮した”頭”が誰であるかを知るため、徐長老、譚夫妻、単正と頭を知る証人たちのところに向かうのだが、正体を知る前に次々と証人が殺されていく。しかも、いちいちその罪が喬峯に着せられていくというおまけつき。どんどん悪い方にころがっていくな。

・阿朱
 変装術を使って薛神医の元から抜け出し、雁門関で喬峯と落ち合う。いったんは喬峯にすべての黒幕が彼女ではないかと疑われるが、すぐに誤解は解け、その後は喬峯の”頭の正体さがし”に協力する。
 喬峯が契丹人であることを知った後も、変わらず接しているのはもはや彼女だけになってしまった。

・趙銭孫・譚夫妻
 徐長老が殺され、その葬式に参列したところを喬峯にさらわれ、頭の正体について尋問を受ける。しかし、がんとして口を割らずに、結局三人とも命を落とすことになってしまった。それにしても、こうまでして守ろうとする”頭”って一体誰なんだろう? 
スポンサーサイト

Comment

ちょうど

このエントリを書いたのが、この15話辺り。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-565.html

なんか勢いでBOXを二つまとめて買っちゃって、私もしかしてアホ?とか思いつつ、面白くないらしい武侠ドラマの検証に走ったものですが、今から考えたら先見の明があったかも(自慢)。


>趙銭孫・譚夫妻
>喬峯にさらわれ、頭の正体について尋問
<
喬峯&阿朱は、イイヒト達だから尋問は苦手そうでしたね。夏青青の尋問は上手かったなぁ(どうやったのか謎ですが)。

2009.01.01 (Thu) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

後半を手に入れていないが

痛恨のミスであるということを思い知らされております(^^;

>青青の尋問は上手かった
あっと言うまでしたからね(爆)

2009.01.01 (Thu) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。