スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天龍八部 第七集

 いつのまにか丐幇の方でも副幇主殺害という事件が。しかしやっぱり物語の比重は段誉の方が大きい。

・段誉
 なんかまた攫われてるし(笑)よしわかった、君はヒロインだったんだな(笑)それにしても、攫われ慣れてきたのか、ちっとも深刻になってないのに笑った。攫った方の鳩摩智の方が余裕がないんですけど(^^; そして相変わらずおにゃのこには受けが良い。いや、わかるけどね、自然に好感度が上がっちゃうのは。これも血筋なんだろうか(^^;

・鳩摩智
 六脈神剣の剣経を手に入れるために、段誉を攫ったはいいものの、なんか妙に場慣れしている段誉に振り回されっぱなしな感じである。以前からの約束ということで、慕容家に赴くものの、そこの侍女である阿碧と阿朱によって、段誉を逃がされてしまう。単に武功だけで比べるならば段誉よりもはるかに上なのに、相手が悪かったようで(^^;

・阿碧
 慕容家の侍女として、鳩摩智と段誉の前に現れ、二人を案内する。最初のうちは鳩摩智も客人として扱っていたが、しだいに怪しみだし、結局段誉を助けて逃げ出す手伝いをした。

・阿朱
 阿碧同様、慕容家の侍女。老人や老女に返送して鳩摩智の真意を問いただそうとするが、本性を見せた鳩摩智に見破られてしまった。が、阿碧と共に策を巡らせて脱出に成功。

スポンサーサイト

Comment

鳩摩智さんが登場してますねー^^
いかにもな怪僧っぷりが、実に楽しい。


…で、中の人。
ジェベ師匠と同じなのはかろうじて気がついたのですが、向門天さんとも同じヒトだったとは、私の節穴な目ではとても解りませんでした。。。(どぅいちゃんさんのブログで知った…)

2008.12.31 (Wed) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

中の人は

神雕侠侶でも怪僧役を実に楽しそうにやってました。
わりと常連さんですね。

2008.12.31 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。