スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天龍八部 第五集

 一応、掃除もしたことだし、続き続き。

・段誉
 おとうさんやらおじさんやら、家臣のみんなとか、いろんな人が助けにやってきてるものの、相変わらず捕らえられたまま。何とか媚薬には耐えてる様子。

・秦紅綿
 最初のうちは刀白鳳と敵対していたのに、段正淳がピンチになるとなぜか味方に(^^; あんたも懲りないね。

・段正淳
 あんたわかっててわざとやってるだろう(笑)なんか、一番悪いのはこの人のような気がしてきたぞ。

・鍾万仇
 どうやら段誉と木婉青ができちゃうように仕向けて、段正淳に恥を掻かせるのが目的だったらしい。でも、奥さんに怒られちゃうと急にションボリしちゃうあたり、可愛いというか。

・巴天石
 段誉の為に、地下道を掘って地道な救出作戦を始める。でも、場所を間違えて保甘宝宝の部屋に出ちゃいました。解毒剤を探していた鍾霊を人質にしてやりなおし。すちゃらかな君主を持つ家臣はつらいですねぇ。

スポンサーサイト

Comment

昔の日本だったら、異腹の兄妹の結婚は全然OKだったんですけどね。ここで媚薬に負けると、木婉青は確実に死亡フラグと、はらはらしました。

2008.12.31 (Wed) | 碧猫 #fYTKg7yE | URL | Edit

中国だと

父方のいとこ同士というのもだめらしいですね。
しかし、ヤらないと死んじゃう媚薬って、つい最近も別の作品で見た記憶が(^^;

2008.12.31 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。