スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAR WARS EPISODE III シスの復讐

 長く続いたサーガもついに最終作にたどり着いてしまった。最終作と言っても時系列的にはエピソードIVが最後の話になるのだが、エピソードIIIはそれと対を成すシリーズ全体でもターニングポイントとなる話。ネタばれになっちゃうけど、旧三部作を観ていればわかっていることなんであえてストーリーについても触れてしまおう。(ネタばれといっても、観る前にわかってしまう部分だけなんでお許しを。)
 旧三部作につながるエピソードということで、初めからハッピーエンドにはならない重い話になることはわかっていたけれど、それでも胸が苦しくなるようなストーリーが進む。ついに野心をあらわにして銀河皇帝になるパルパティーン、暗黒面に堕ちてダース・ベイダーになってしまうアナキン、壊滅していくジェダイという辛い展開の末にエピソードIVにつながるほんのわずかな希望を残して映画は終わってしまうのだ。終わってからもう一度旧三部作を見返したくなったよ。
 見直したくなった理由としてはもうひとつ、エピソードIIIを観たことで旧三部作のいろいろなシーンの意味がまた変わって見えるんじゃないかと思えたんだ。とくにルーク、レイアとオビ=ワン、ヨーダ、レイダーについてはそのやりとりをもう一度観てみたい。しかし、DVDは友達のところにあるんだよな。すぐに観れないのがもどかしい。そして旧作を観たらもう一回観に行ってしまいそうだ。やっぱり最後だと思うと楽しめるだけ楽しまなきゃ損という気がすごくする。
 それから、音楽が、これまで各キャラクターごとにつけられてきた音楽がなんとも絶妙なシーンでかかる。これはぐっときた。
 ところこの映画の冒頭は、エピソードIIからずいぶん話が飛んでいるような感じがしたんだけど、どうも間をつなぐ話がアニメになっているんだね。こっちも観たい。いかん、中毒症状が出ているのかもしれない(^^;
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。