スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクは本気だ

 おととい、10月30日のことになるが、ソフトバンクからiPhone関連の発表があった
 ワンセグが見られる、というのはちょっと驚き。なるほど、別ハードのチューナーで受けてWi-Hiでストリーミングするのか。うまい手考えるものだ。とはいえ、別にハードを買ってまで見たいか、と言われると考え込んでしまうのだが、予備バッテリーの機能を持たせるというのが憎いね。お客さんが困っているところは、商売の種である。iPhoneユーザーなら誰でもバッテリーの持ちは気になるものだし。
 そして、ワンセグ以上に驚いたのは絵文字対応。ワンセグはサードパーティ製ハード&ソフトという一種の裏技みたいなものだけど、絵文字は本体機能に組み込みだからね。噂は聞いていたものの、本当に入るとは思わなかった。しかも、どうやら日本の携帯電話の絵文字と互換性ありということで、完全にソフトバンクからの提案を取り入れた形になる。あのAppleが言うこと聞くとは! もしかして日本のアップルより影響力あるんじゃないの? アメリカ人が"Cool!"とか言いながら絵文字を打ってるところを想像するのはちょっと楽しい。

 あとひとつ、地味に見えて結構大きいのが、iPhoneユーザーに対する公衆無線LANの無料開放。「BBモバイルポイント」が無料で使えるようになる、というのは、実はソフトバンクにとっても3G網の負荷を減らせるというメリットがある上に、ユーザーにとっても利益があるといううまい手である。

 この発表を聞いて、孫さんって本当にiPhone使ってるんだなぁ、と思った。これって全部使ってる人の発想だよね。iPhoneのキャリアがソフトバンクになったとき、正直「どうよ?」と思ったのだけど、DoCoMoだったらここまでやったろうか
? ソフトバンクがキャリアになったのは良かったのかもしれない、と今では思い始めている。

 
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。