スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍って、そろそろ本格的に始まらないかな

 アメリカじゃAmazonのKindleが結構普及し始めているらしい。あれが売れるとは最初は思ってなかったんだけど、みんな結構読書好きなんだね。一方日本では、専用読書端末は完全に失敗。まるっきり普及しなかった。著作権処理に縛りを入れすぎて使い勝手が悪かったというのもあるかもしれないが、ほんと、見向きもされなかった。

 電子出版がブレイクするには、課金と、使い勝手、著作権処理、品揃えの四つくらいが大きな障壁になっているのではないかな。ところで、最近は携帯小説が流行っている。今のところ、否定的な見方も多いのではあるが、一番有望なところにいるようにも思う。ただ、いまのところ、書き手も読み手もほとんど若年層になっちゃってるところがなあ。もうひとつ本格化しないところでもあるのだが。
 あとはDSでも電子書籍は出ている。これも結構有望そうだけど、ダウンロードで好きな作品を好きなときに落としてきて読む、というKindleの領域にまでは達してはいないんだよね。やっぱり、ある程度立ち読みが出来る、それなりの数の品揃えがある、といった条件がそろってないとなかなか難しいと思う。

 で、iPhone/iPod Touch なんだが(笑) 実は既に仕組みだけならほとんど出来てはいるんだよね。実際に英語中心とはいえ電子書籍もAppストアで販売されているし。テキストリーダーとしての使い勝手は以前も書いたようになかなかのもの。そして、課金や著作権の問題も、Appleの管理を受け入れるなら、という前提付きだが一応解決されることになる。
 立ち読みも、例えば、最初の章だけ無料で公開するとか、シリーズものだったら最初の一巻だけは無料とか(書いていて結構あこぎな気がするが(^^;)という手が使えるし、値付けは作者次第で好きに決められるということで、環境としてはわりと整って来てると思うのだが。

 問題は、国内のユーザー数と、Appストアの検索性の悪さなんだよな。それさえ解決できれば、結構行けそうだと思うんだけど。3G網が使えるところならばどこでも検索できて、すぐダウンロードして読み始めることが出来る本屋さん。最近、ちょっと前の本だと大きめの書店でもなかなか手に入らないことを考えると、魅力的なんだけど。

スポンサーサイト

Comment

携帯小説

あれは他の小説ジャンルと比べて、別物なんですよ。画面が小さいというハード上の制約によって。だから携帯小説に特化した読み手が小さくまとまるか、それぞれの小説ジャンルに一形態として属するか、ということになっていくでしょう。私は後者の可能性が高いと考えています。

また、編集担当者の位置づけや、原稿料、印税のシステムにしても、紙媒体とは違っていて、書き手の利鞘が薄いことが多いようなので、携帯小説で世に出た若手も、結局、紙媒体の方に行ってしまう、ということもあるようです。

>電子出版がブレイクするには、課金と、使い勝手、著作権処理、品揃えの四つくらいが大きな障壁になっているのではないかな。
その通りで、読み手側としては、品揃えでは電子出版はロングテールで有利、あとは使い勝手が従来の本並みに良ければ、手に入れたい、ということですが、それと携帯小説とは、リンクしていないと思います。

2008.09.12 (Fri) | 千年虫 #7tx8cIQU | URL | Edit

なるほどね

いわゆる小説一般ではなく、「携帯小説」という特殊ジャンルなんですね。だとすると、ここで言ってるような電子書籍とは別物になりますね。
ハードの制約というのはやっぱり大きいでしょうね。Kindleの成功要因としては、極力従来の本に近づけたというところもあるようですし。

>読み手側としては、品揃えでは電子出版はロングテールで有利、あとは使い勝手が従来の本並みに良ければ、手に入れたい

私はかなり切望してるんですよね~。本棚から常に本があふれてる状態なもので(^^;

2008.09.13 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

ジャンルというより

カテゴリーかな? このあたりの用語の使い方はちょっと分らないのですが。

>いわゆる小説一般ではなく、「携帯小説」という特殊ジャンルなんですね。
携帯小説の中に、恋愛モノもあればSFあるけど、一般的な書籍とは一線が引かれていると感じます。一方ネットノベルにそういうことはありません。青空文庫にしても、電車男にしても。境界を感じないのは超短編。
ほかに、編集担当者が出版社ではなく配信会社の社員で文筆業のことをよく知らないため、多作できる中堅作家を引っ張ってこられない、という事例は、実際傍目に見ました。ハードの問題より、こちらの方が将来に渡り、解決が困難かもしれません。

2008.09.13 (Sat) | 千年虫 #7tx8cIQU | URL | Edit

No title

>編集担当者が出版社ではなく配信会社の社員で文筆業のことをよく知らないため、多作できる中堅作家を引っ張ってこられない、という事例は、実際傍目に見ました。

これは確かに、編集の役割って大きいですからね。

2008.09.13 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。