スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東周列国 戦国編 第六集(1)

 全体で見ると、半分位か。

 東から趙を脅かす遊牧民族・胡人の脅威を取り除くため、武霊王は兵を出すが、逆に彼等に大敗してしまう。そして戦場で行方不明になった父・武霊王を探す公子何も胡人に捕らえられ、彼等の陣営に連れていかれる。だが、そこに胡人に扮してまぎれていた武霊王によって助け出され、父と子は無事に趙に戻ることが出来た。

 文明人としての誇りを打ち砕かれた武霊王は、帰国してからいかにして自国を強くするか思い悩んでいた。だが、最も目をかけていた公子何が、君主にとって大切なものは仁愛や礼だ、と言うのを聞いてそんなものでは戦争に勝てない、とキレる。
 そして、まずは形からとばかり、胡人の服を着て、胡人のように馬に騎乗して戦うようにしようとする。実際に、胡服を着た兵士の戦いぶりを見た重臣の一人・肥義は、武霊王に賛同するが、他の重臣達は全く拒絶する。中には、胡服を着ると三日で病気になり死んでしまうと言い出すものまで出る始末。だが、そんな彼等に、儂はもう八日も着ているが生きているぞ、と趙の箙の下に着込んでいた胡服を見せ、強引に自分の考えを実行する。

 さて、武霊王の夫人・呉娃は公子何の実の母親であり、何がなかなか太子として立てられないことを気に病んでいた。そして、胡服のことで父子が対立していることで不安になり、武霊王に立太子のことを話す。呉娃のことは二十年間寵愛してきた武霊王だったが、彼女が国政のことに口を出してきたことに腹を立て、彼女をあしげにする。そこに突然、激昂した公子何が現れ、武霊王に剣をつきつけて母親を助け起こすように言う。結局、隙をつかれて取り押さえられてしまう公子だったが、武霊王は彼を罰することはせず、逆に、母共々趙を離れようとした公子を呼び止めて太子にすることを宣言する。

 そして、胡服を着た兵士をそろえ、胡人達に雪辱を果たす時がやってきた。だが、日頃から不満に思っていた重臣達が病と称して姿を現わさない。彼等はみな胡服に反対してきた趙成の食客だった。彼等を庇いながら胡服に対する不満を隠そうとしない趙成に、武霊王は怒り趙成の処刑を命じるのだった。

 いきなり胡人の格好をして登場した武霊王にびっくり。しかも、あなたすっかり溶け込んでませんか?(笑) そのままいても結構出世しそうである。
 いままで戦国編に入ってからは、いまいちぱっとしない君主ばかりだったので、結構この型破りの王様は気に入った。二十年前の呉娃との出逢いの日を覚えていて、祝ったりするなんて、なかなか情熱的ではないか。だけど、その分ラジカルで周りとの軋轢も多そうというのが不安要素ではあるのだが。
スポンサーサイト

Comment

No title

>すっかり溶け込んでる
なんかまわりの連中も、いくら蛮族とはいえ
逃げ出す直前までぜんぜん気付いてないのが笑えました(^^;

古い家臣たちの反発を受けながらも
急進的なやり方で実利主義の改革を推し進める主君っていうと、
(個人的には好きではないんですが)何となく織田信長っぽいイメージがあります。
とはいえこの話の場合は、焦点は「改革」よりも「父と子」のほうにある感じではありますが、
やっぱりこういう王様は素直に格好良いですよね。

2008.08.20 (Wed) | Manbo #mQop/nM. | URL | Edit

No title

>焦点は「改革」よりも「父と子」のほうにある感じ
次の話まで進むとはっきりしますね。
>こういう王様は素直に格好良い
戦国編じゃいまのところ一番好きです。

2008.08.20 (Wed) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

こちらも半分を

過ぎ、尋秦記、第6巻を昨日見終わりました。

話が急展開してるみたい。中盤の山場かな?
前半で興味深いのは朱姫。このひと、「尊厳」をキーワードにして、趙雅夫人>連晉、の間にいると思うんだけど、世間一般の幸せや成功を望んだら、どうしても連晉の方に堕ちて行きそう。少龍に不導体という設定も、案外そのあたりで生きてくるかどうか?

6巻を通して印象が強いのは、姫様。前半で、守られていながら支えてる、という役になったと思ったら、後半で退場……。悟りにも似た素直さが、善柔に通じると思っていたんだけど。
趙雅夫人もそうだけど、アイデンティティを確立したら退場。演出として理解できるとは言え、何か見もふたもないな。

2008.08.23 (Sat) | 千年虫 #7tx8cIQU | URL | Edit

No title

>朱姫
実は、初登場時と退場時で一番印象が変わったのが彼女だったりします(^^;

>姫さま
>アイデンティティを確立したら退場。
言われてみればそうですね。私は彼女の退場は結構へこみました。いつの間にかその控えめな存在感に影響されてたようです。

2008.08.23 (Sat) | うちゃ #9fUrC8Yk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。