スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIXER/中森明菜


一昨年の紅白で復帰し、1月に「オリジナルアルバムを作っている」という話を聞いてから待つこと一年。ようやくリリースされたアルバムは、ここまで待った甲斐がある素晴らしいものであった。

予想を裏切って期待の上を行くという褒め言葉がある。彼女がそういう人だというのは知っていたけれど、まさかここまでとは。これまでの彼女のアルバムの中でも最高傑作だと思う。いや、今まで私が聞いてきたアルバムの中でもこれを超えるものってちょっと思いつかない。

とにかく収録曲のクオリティがとても高い。どの曲もシングルカットできるほどの強い個性と魅力を備えている。いわゆる”捨て曲”が本当にただの一つもないのだ。そして、それぞれがくっきりとした輪郭を保ちながら、FIXERからRe-birthまで欠けることのできないピースとして存在し、アルバムを通して一つの作品として成立している。コンセプトアルバムのような完成度とベストアルバムみたいな華やかさを同時に持っているのだ。こんなの今まで知らない。本当に初めてだ。

オープニング曲のFIXERは映画「女が眠る時」のイメージソングとして予告編でも少し流れていたのだけど、まさかそのあとにこんな展開が待っていたとは! もうしょっぱなから「やられた!!! なにこれカッコいい」って思いましたよ。そういえば、この曲イントロなしでいきなりヴォーカルが入るので、一番最初に耳に飛び込んでくる「音」は言葉を発する前の彼女のブレス音なんだよね。これも計算のうちなのだろうか? わずか3分の短い曲なんだけど、それだけに鮮烈。いやでも、ロングバージョンも聴いてみたい。映画公開あたりに合わせてシングルでMovie Mix出しません?

その印象が消えないうちに、Rojoの鼓動のようなイントロが入ってくる。もう何度も聴いた曲なのに、これが新鮮に聞こえてくるから不思議だ。この1曲めと2曲めのつなぎは神がかってる。気持ちの盛り上がり方がハンパないのよ。

続く3曲めのEndless Lifeでも攻めまくり。Rojoが疾走ならこちらは飛翔のイメージか。スケールの大きな、どこか映像的なものを感じさせる、これも映画のイメージソングになりそうな曲だ。ちょっと今までにはなかったような曲調で、ここに来て新境地ですか明菜様。以前であれば彼女のファルセットは儚げに聞こえていたものだが、ここでは力強く響く。

4曲めのunfixableは9月にシングルでリリースされた曲。ちょっと聞くとわからないのだけど、ヴォーカルとオケの緊張感がたまらん曲である。不安を煽るだけ煽って、断ち切るように切れるオケと、それに抗うように繰り返されるI’m fixableのコーラス。
この曲、アルバムの中でどう配置されるのか見当がつかなかったんだよね。しかし、なるほどね、ここはこのアルバムの境界面。表層から深層への橋渡しとして使ってきたわけだ。

そしてLa Vida、星さえ凍る暗闇の中で踊る孤高の舞姫の唄。アルバム前半の音の洪水が嘘のように、ギターとパルマとヴォーカルだけのシンプルな構成。この振り幅の大きさが彼女の魅力なのだと思う。私が、このアルバムの中でライブで聴きたい曲の筆頭。

6曲め、ちょうど真ん中に最も内省的な雨月を持ってきた、そう、ここが最深部。深い悲しみとそれでも生きようとする意思に触れる。先行シングルでリリースされた4曲のうち、一番「中森明菜らしい曲」だったと思う。ただ、実は私、昔からこの系統ちょっと重すぎて苦手なんだよね。しかし……

そこから、とどけたい 〜voice〜へのつなぎが素晴らしい!
歌詞だけ見るとやっぱり重いんだけど、なんなのこの力強さは。折れそうな心を奮い立たせるように唄っていた雨月に対して、迷いを吹っ切って歩き出す足取りの確かなこと。ここあえてアップテンポに振るのではなく、バラードつながりにするところがすごいよね。ここから浮上が始まる。

次の欲動は、少しラテンの香りがするアップテンポの曲。La Vidaのアンサーソングのような雰囲気もある。闇の中から光溢れる場所に出てきた感じ。イントロのギターで「来た来た」と少しニヤついてしまった。

そして、TANGO NOIRを思わせるkodouへ。って歌詞といい曲調といいアレンジといい完全に狙ってるだろうこれ。地声でノリノリで唄う明菜様。なんかすげえ久々に聞いた気がする。やっぱりラテン系は似合うな〜。

めでたく復活なったとろこで、そのままクロージングに進んでもいいところなのだが、ここで幻想的なLotusを挟んでくるのが憎いところ。美しい睡蓮の咲き誇るここは現世? あの綺麗は歌声は本当に人のもの? ”攻め”というのは何もアップテンポの曲だけじゃないんだな。何気にジャケットのイメージに一番近い曲だったりもする。

ラストは全てを包み込むような優しい歌声が心地よいバラードのRe-birth。何度聴いてもここでぐっときてしまう。素晴らしい音楽をありがとうという気持ちになるよ。

アルバム全体を通して伝わってきたのは、「生きる」という強い意志だった。それはどんな絶望の中でも決して折れることのない強い意志。私の好きな言葉に「人の足を止めるのは絶望ではなく諦観、人の足を進めるのは希望ではなく意志」というのがある。だから彼女は「希望」ではなく「意志」を歌に込めたのじゃないかと思う、絶望に折れそうになった人のために。

それから、このアルバム、どこにも表記がないけれど、シークレットのボーナストラックで、Rojo -Tierra-とunfixableのロングバージョンが収録されている。どちらも原曲のとんがった部分をさらに尖らせたようなアレンジなので、本編収録とは違った楽しみがある。
ただ、本編の余韻に浸りたいなら、少し時間を置いてから聞いた方がいいかもね。

01.FIXER -WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING-
02.Rojo -Tierra-
03.Endless Life
04.unfixable
05.La Vida
06.雨月
07.とどけたい 〜voice〜
08.欲動
09.kodou
10.Lotus
11.Re-birth
——————Bonus Track———————
12.Rojo -Tierra- (Fixer Version)
13.unfixable(Fixer Version)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。