スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APPETITE/中森明菜

いまだ明菜祭り継続中で、最近聴いていなかった古いアルバムなども引っ張りだしてヘビロテ中なのであるが、80年代に比べると90年代以降の曲は知名度がいまいち。しかし、埋もれさせておくにはあまりにももったいない曲が多いのに改めて気づいたりしている。

人間の男に恋した植物の歌と聞いてどんなイメージを浮かべるだろう? 「草食系」なんて言葉があるくらいだから、植物ってのは受動的でおとなしいなんて思ってしまうかもしれないが、とんでもない。生命力にあふれた亜熱帯のジャングルを連想するような濃厚で官能的なラブソングなのだ。だいたいこのお題で相手の男がキックボクサーでジゴロなんて、どっからその発想が出て来るのだ。これをまた、えらくかっこよく歌うんだよな。いろいろ書くより見る方が早いよね。

アイドル歌手だったころも良いけれど、この雰囲気はやっぱり年取ってからでないと出せないと思う。しかし、この曲全然売れなかったらしい。もっと知られてもいい曲なのに、もったいない。この人の場合、音源で聴くよりライブでのパフォーマンスの方が数倍いいから、そのへんも影響してるのかもしれないけど。

iTunesのリンクはこっち
スポンサーサイト

DIVA/中森明菜

実は昨日のエントリーはただの前振りなのである。昔話がしたかったわけじゃないんだよね。80年代の輝きがあまりにも強すぎるうえ、最近のベスト盤やカバーアルバムの乱発、そして一昨年からの休業とすっかり過去の人のように思ってたりしないだろうか? でもそれは大きな間違いなのである。

というわけで、今のところ一番新しい彼女のアルバム(iTunesStoreへのリンクはこっち)。
前作のDESTINATIONもかなり良かったのだけど、本作はそれ以上。もうね、1曲目のイントロ聴いた時点でぞくぞくしてしまった。ハードでダークでかっこいい!! うん、確かにカバーも悪くない、ベスト盤で昔を振り返るのもいいだろう。でもやっぱり、”今”を歌うのが一番あってるよ、この人は。
収録曲はどれも捨て曲なし、特にタイトル曲であるDIVAのかっこよさは異常。悲しみも憎しみも力に変えて、揺るがずに真実の愛を歌うDIVA。真っ正面からそう歌うか。ええ、ええ、あなたはその通りの人です。もう認めるしかない。
ハードな曲ばかりでなく、バラード系もかなりいい。今までリリースされた彼女アルバムの中でも一番すきかもしれない。正直な話、長く聴いているけど、こんな感想を持つなんて思わなかったよ。アルバム後半のX lady~HEARTBREAK~withの流れもいいんだよな。これはライブで聴きたいよ。

そう、昨日のエントリーは昔の彼女を偲んでいたのではなく、もう一度歌ってくれることを期待しているのだよ。だってこんなのを聴かされたら期待せずにはいられないじゃないか。ずっと待ってるからこの先を聴かせておくれ。

収録曲
GIVE TAKE
DIVA
thinking of you
REVERSE
逢えなくて
X lady
HEARTBREAK
with
茜色の風
Going home

Legend of DIVA

夜のヒットスタジオとザ・ベストテンの中森明菜DVDBOXを買ってしまい、このところ中森明菜祭りが続いている。人気絶頂期の映像にたっぷり触れたおかげで、懐かしくなってしまったというのもあるんだけど、長いこと聴いてなかった当時のアルバムを引っ張りだしてみたら、これが思っていたよりずっと良くて。持ってない他の音源とか、映像ソフトとかも欲しくなったりしてる。あとYouTubeで映像をあさったりとかね。

80年代後半の彼女というのは人気と実力を兼ね備えたトップスターだった。ちょうどこの時期の曲を集めたベスト盤がある。
BEST II/中森明菜
ノンフィクション エクスタシー
TATTOO
DESIRE -情熱-
TANGO NOIR
BLONDE
I MISSED “THE SHOCK”
AL-MAUJ (アルマージ)
Fin
ジプシー・クイーン
難破船

見ての通り名曲ぞろい、それぞれの曲に独自の世界があって、でもなぜか統一感のあるという飽きのこない良いアルバムである。だがしかし、当時の映像を見てしまうと「こんなもんじゃないですよ」と言いたくなってしまう。曲ごとに変わる世界観に合わせた衣装とセットをそろえ、しなやかに踊りながら歌う姿は本当に魅力的で、TVの歌番組というのは彼女に取って最高の舞台だったんだと思う。いや、ほんとうにわずか3分のドラマのためにどれだけ魂込めてるんですか、あなたは。

で、多分同時代を知っている人にとって、80年代後半の中森明菜ってこの、ヒット曲連発してTVの歌番組で派手なパフォーマンスしてたイメージが残っていると思うのだが、実はそれすら当時の彼女の魅力に半分にも達してなかったりするのだよ。

まずはシングルB面。A面にくらべて露出が少ないのだけど、埋もれさせておくのがもったいない名曲ぞろい。このころはA面候補に最後まで残ったものがB面にまわることが多かったようで、「こっちがA面でもいいんじゃないの?」って曲ばかり。このへんから手に入るので、ぜひ試聴だけでも。

そして、もうひとつはアルバム。このころのアルバムって、TVでのパフォーマンスをメインに据えたシングルとは全く違うコンセプトで作られていて、ほとんどシングル曲が入っていない。ビジュアル面を含めたトータルで世界観を作っていたシングルと、音の力だけで歌の世界を伝えなければならないアルバムとじゃアプローチが違うのは当然って言えばそのとおりなんだけど、それを曲や詞を他から提供してもらう歌手という立場で自覚して自ら手がけていた人というのは、あんまりいないんじゃないかな? 音楽的な実験が多くて、それは必ずしも成功とは言えないこともあったけれど、今振りかえって見れば、確かに彼女の糧となっていることがわかる。
つうかですね、不思議なんて、当時全然わからかったけれど、久しぶりに聴いてみたら、これとんでもないですよ? 全然古くなってない。

B面やアルバム曲は露出が皆無というわけでもなく、夜ヒットのDVDにも何曲かおさめられているし、YouTubeにもあがっていたりするので探してみてもいいかもしれない。先に書いた「不思議」の曲を歌った回は伝説化してるそうだし(^^)

そんなわけで、まだしばらく祭りは続くのである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。