スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30万人説について

「虐殺自体は否定しないが30万人は捏造だ、それだって歴史の改竄じゃないか」ってのは、とりあえず多少は知っているが中国の主張を否定する時の人の落としどころになってるようだ。じゃあ本当にそうか見てみよう。

30万人というのは元々は戦後すぐに開かれた南京軍事裁判における事実認定の数字である。中国共産党政権はこの数字をそのまま公式見解として使っていると見ていい。裁判で量刑を決めるために使われた数字なのだから、当然根拠を求められる。そして判決文によるとその内訳は、埋葬された死者数15万以上(根拠は埋葬記録)、埋葬されずに遺棄、焼却された死者数19万以上(根拠は証言証拠の積み上げ)の合算となっている。

確かにこの数字は不正確で、不法に虐殺された人数としてそのまま認めるには根拠が弱い。だが、量刑を決めるという点においてそれ以上の精度は求められておらず、裁判にかけられる時間も限られているため、そのまま事実認定された。これをもって犠牲者数を「盛っている」とする指摘は的外れだろう。

南京事件に限らず、一般的に、このような大量虐殺の被害者数を測るのは困難である。例えば原爆投下や東京大空襲の犠牲者数は未だに正確な数は不明で、原爆の場合でも20万以上、あるいは14万以上など諸説ある。
さらに南京事件の場合、陥落後から終戦まで実質上日本の支配下にあり、被害規模の調査ができなかったという要素もある。日本軍は南京攻略戦における中国人の人的被害について一切の統計データを残していないのだ。まあ、何人死のうが知ったこっちゃないってことなんだろう。残していれば、30万人という推定人数に対して抗弁する根拠になり得たのだけど。

それに加えて、この時期は国共内戦で慌ただしく、充分に時間をかけて調査する事も難しかった。30万人という数字はそういった様々な制約の中で出てきたものだと言う事は知られるべきだろう。

私の意見としては、30万人という数字は対外的なプロパガンダと言うよりも、国内向けの「象徴」としての意味合いが強いのではないかと思う。そのため迂闊にいじれないし、また、象徴とする事でかえって個々の被害の実態から遠ざかってしまっている面もあるのではないだろうか。

さて、推定人数の下方修正だが、出来ない話ではないと思う。ただしそれを行うにはもっと精度の高い調査が必要だろう。30万人という象徴の数字を打ち消すためには、具体的な事実に裏付けられた数字を出す必要がある。そのためには例えば、現在は防衛省が機密扱いにしている日中戦の資料を公開するといった事も必要になってくるのだが、「南京事件の真実を暴くのだ!」って人達からそんな話が上がることはまずない。そして、実際に下方修正を行おうとするなら、その過程で、過去に日本軍の犯した罪と真っ正面から向き合わなければならなくなるんだけど、その覚悟はあるんだろうか?

「百人斬り」のエピソードに含まれている「真実」にすら耐えられない人達にそれは望めないだろうな。
スポンサーサイト

プロパガンダ?

南京大虐殺で中国政府が主張する30万人説はプロパガンダであり、このような誇張をする相手は信用できない、という主張は、虐殺があった事を認めている人であっても受け入れてる事が多い様に見える。
だが、この「30万人説は中国のプロパガンダである」という告発は、ほとんどの場合その根拠として示された「事実」が否定派によって捏造されたデタラメである。

よくあるパターンとしては、
・年々犠牲者数が増えている。
・東京裁判までは全く知られていなかった。
・原爆という戦争犯罪から目を逸らすために30万という数字をでっち上げた。
・20万人しかいなかったのに30万人も殺せるはずがない。
・中国は民間人を30万人殺したと主張している。

上記の例は全てとっくに嘘だとばれている。これは「どっちもどっち」で済ませられる事ではない。相手が嘘をついていると言う主張が嘘と捏造によって構築されているのだから、その主張自体疑ってかからないとおかしいだろう。だが、否定論については否定しながら「30万人説は事実を歪曲したプロパガンダ」と言う結論の方は受け入れてしまう人が中立を自称するのはなんでだろうね。

「じゃあお前は30万人説をどう考えているんだ、中国の主張をそのまま認めるのか?」って言われそうだけど、それについてはまた別途。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。