スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月が楽しみであります。

 忙しいので、ちょっと出遅れてしまったのだが、やっぱりこれには触れておきたい。
ジョブズ氏の魔法を上回るiPad「手にとって体験してほしい」- Apple発表会
 実際に登場したものは、価格を除けば事前に予想されていたものとそれほど変わらないこともあって、反応はそれほど良くはない。確かに今はあのサイズと重量のノートPCは手に入る。そしてノートPCであればiPadで出来ることは全部こなせるし、逆にiPadじゃ出来ないことだってこなせるだろう。そりゃ、今のノートPCの延長線上にあるデバイスを想像していたとしたら肩すかしに思えるのも無理はない。要するにスクリーンがでっかくなったiPhoneでしかないというのも、まあ、それはその通りではあるんだ。

 でも、その「単にスクリーンがでっかくなったiPhone」ってのは結構便利だと思うんだよね。実際に日頃iPhoneを使っていて良く思うのが、これでもう少しスクリーンが大きければいいんだが……だったりするわけだし。
 例えば、文章を読むにしても、あのサイズがあれば指でページをめくりながら読んでいくのはかなり快適そうだし。いわゆるコンテンツビューアーとしてはもの凄く優秀だよね。それほど大量の入力を行わないという前提であれば、ハードウェアとしてのキーボードを持たないことは欠点ではなく利点になる。実際に、寝そべりながらノートPCを使ったりしたことがあるならわかると思うけど、意外に邪魔なのよキーボードって。
 そしてタッチディスプレイと言うことで、そうやって眺めながら、まるで紙の資料に書き込むみたいに、簡単なメモを残したり、線を引いたり、マーカーで塗ったり、そんな使い方ができるビューアーソフトというのは必ず出てくるだろう。もちろん自分が書き込んだものは、そのまま索引付けされて、元のデータとは別に保存、検索できるような感じで。

 そして、iPhoneよりずっと大きな画面は、人に見せることもずっとやりやすい。そうなれば、これ一枚持って行けば大量の紙の資料を持ち歩かなきゃならない人にとっては非常に便利だろう。そして画面に表示できるのはもちろん文章だけじゃないわけだし。一番向いてそうなのが学校かな。教科書とノートの代わり。

 そりゃもちろん、日本でもBookStoreのサービスが始まってくれた方が嬉しいし、アメリカじゃ既に始まっている映画やドラマの販売・レンタルをやってくれるんだったら、もう言うことないんだけど、たとえそれが無かったとしても、かなり魅力的な気がするんだよね。ちょっと期待しているのが音楽再生で、かつてLPのジャケットを眺めながら音楽を聴いていたころのように、iPadに表示されたライナーノートや、歌詞カードを眺めながら音楽を聴くなんてのが復活しそう。そうかそれでiTunes LPなのか。

 ……それ以前に、こんな話を聞かされては、いじり倒すためにどうせ買うことになるんだろうけどね。(忙しくてまだSDK落としてないんだよね)
スポンサーサイト

大唐游侠伝 第三十集

 もう残りわずか。やっぱり全三十二集ってかなり短く感じる。

大唐游侠伝 第二十九集

 もう話数二十代も終わり。いよいよ大詰めである。

大唐游侠伝 第二十八集

 そろそろ終局間近。鑑賞の方は追いついているだが、感想の方が追いつかないのはいつものとおり(笑)

大唐游侠伝 第二十七集

 周回遅れがデフォルトになってるなぁ(^^;

大唐游侠伝  第二十六集

 このところ仕事が忙しかったせいで、感想アップするのがずいぶん遅れてしまった。

大唐游侠伝 第二十五集

 年明け一回目、いよいよラストに向けて大きく動き始めるところか。

そういや

今年は2010年なんだね。
あの映画を見た時にはとても遠い未来だと思ったのだけど。

あけましておめでとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。