スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花のように/PSY・S

 東京も、やっとこのエントリーが書けるような気候になってきた。
 イントロを聴いたとたんに、満開の桜並木が脳裏に浮かんだ。私にとって桜の花は入学式のシーズンに見るものなんだが、この曲の歌詞はどう考えても別れの場面、卒業式である。
花のように
潔くなくちゃ
ほらね 笑顔のまま

 確かに、ぱっと咲いてぱっと散る、染井吉野のイメージは出会いよりも別れの方がふさわしい。私だって、見ているのは入学式の時なのに、やっぱり別れのイメージで受け取ってしまう。(人事異動ってのもあるけどね)
 満開の桜の下、違う道への一歩を踏み出す二人。ちょうどそんな季節だよね。

作詞:松尾由紀夫
作・編曲:松浦雅也
アルバム
「HOME MADE」(acoustic version)
「Emotional Engine」(ALBUM MIX)
「Two Brigdes」(remix version)
「GOLDEN☆BEST」(シングルバージョン)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。