スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇とノンフィクション/PSY・S

 バンドブームまっただ中に発表された曲だけあって、いわゆる”縦ノリ”(もうこの言葉も死語だよね)の激しい曲なんだけど、その中でたまに見える”静かさ”がただのノリだけの曲にしていない。
 そのせいもあってか、派手目の曲調なのにどことなく寂しさを感じてしまう。とはいえ、基本的には前向きな歌詞なんだよね。PSY・Sの曲はいつもそうだけど。
遠い火を 見つめながら
やさしい気持ちで いつもいるから
一輪の薔薇を胸に
わたしたちの 今 未来

唇には唄を、心には花を、ってね。

作詞:松尾由紀夫
作・編曲:松浦雅也
アルバム
Non-Fiction
TWO HEARTS
GOLDEN☆BEST
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。