スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Appleに関する誤解

・ジョブズがいなくなったらAppleは失速する。
 以前から言われていたことでもあるが、この間も療養休暇のニュースがありジョブズがいないAppleというのが現実味を帯びてきた。確かにジョブズはAppleの顔であり、90年代終わりからの劇的な復活は彼無しにはありえなかった。だけど、ただ一人のカリスマリーダーの力だけで数年にわたって好調を維持し続けることはできない。ジョブズのキャラクターがあまりにも強いから目立たないけれど、今のAppleは組織としても強い。これ、即効性のある改革とかではなく、十年以上かけて積み重ねてきた成果だからね。そんなに簡単に崩れるようなやわなものではないよ。

 例えばAppleストア。直営店を持つと言うことの利点はいろいろあるけれど、このリアル店舗でサポート業務をやっているというのが非常に強い意味を持つ。彼らはエンドユーザーがアップル製品で何をしようとしているのか、何に困っていて、どんな不満を持っているのか直接聞いているわけだ。フィールドからのクレーム・トラブル情報というのは開発側にとっては宝の山である。ましてや彼らはソフトもハードも自社で開発している。サプライチェーンの最上流と最下流を本社がきちんと押さえて円環を描いている。これを10年続けているんだ、そりゃ強いはずだよ。

 確かにジョブズがいなくなって10年、20年と経過すればどうなるかは分からないけれど、少なくともすぐに瓦解するようなやわな会社ではないだろう。

・iOSをオープンにしていないのは失策である。
 2010年はandroidの大躍進が話題になった。既に台数ベースではiPhoneを抜いたということもあり、かつてのMac VS Windowsのように、やがてiOS機はandroid勢にシェアで押されて敗北するであろう、という意見が出てきている。まあ、いくらアップルが絶好調だと言っても、たった一社、一機種で全世界の携帯電話の過半数を占めるなんてことはあり得ない以上、それは当然だろう。では、アップルもシェアを増やすためにOSを他社に提供して互換機の存在を許すべきなのか? いや、そんなわけはない。

 androidが無料で提供されている現状では、ライセンス料は取れたとしてもかなり低く抑えないとならない。ところがアップルの出すiOS機器にはOS開発コストが原価として乗っかるわけだから、他社製品の方が安く出回ることになるだろうね。そうなればまず最初に食われるのは今iPhoneを使っているユーザーだ。結果てきにiOSのシェアはあがるかも知れないが、アップルの取り分は今より確実に減る。その上、他メーカーの端末のバージョンアップだの検証だのトラブルフォローだの、多少のライセンス料収入や、シェア増加によるAPP販売手数料じゃ割に合わないどころか減収だろう。ではGoogleのように、OSだけ提供して自社ではハードの生産はやらないようするか? バカな。今自社が持っている最大の強みを投げ出してどうするというのだ。
 
 そもそもシェア拡大のメリットは何か? ということを考慮せずにシェアのみを目標にするのがおかしいのだ。確かにMacOSはWindowsとのシェア争いには敗れた。では、パソコンメーカーとしてのアップルは敗者なのかというと、それは違う。確かにシェアこそ低いがここ何年も安定して高い利益を出し続けている、その間に深刻なIT不況があったにもかかわらずだ。ならばiOSで同じ事ができないとなぜ思うのだろうか?


スポンサーサイト

家にApple製品がひとつでもあるなら

 ちょっと出張などあったために出遅れてしまい、発売直後に入手という訳にはいかなかったのだが、我が家にもAppleTVがやってきた。まあ、出遅れたおかげで最初から新しいOSを使ったAirPlayの恩恵が受けられたりするのでよしとしよう。
 実はまだそれほど使えてはいないのだが、もし家にApple製品(MacでもiPhoneでもiPadでもiPodTouchでも)が一個でもあるのなら、これは買いである。iTunesにためてある音楽やムービーがTVで簡単に再生できるというのも便利であるのだけど、iPadやiPhoneの中のものもそのままTVに出せるというのが便利すぎる。AppleTV単体だと単なるセットトップボックスでしかなく、あとはソフトの品揃え勝負になってしまうだろう。実際のほかのVODサービスと比較しても突出している感じはしない。PS3でもアクトビラでもビデオ配信はやってるしね。

 しかし、自社製品との連携のさせ方が本当にうまい。自分のiPhoneとかiPadからストリームできるということは、例えば友達の家に遊びに行ったときに、そこにAppleTVがあれば自分のライブラリの中からムービーや音楽や写真を選んで表示させることができる訳だ。そのために特に難しい設定とかも必要なく、簡単にできてしまうというのもすばらしい。こういう使い方の提案は単純に技術に強いだけじゃ出てこない。どんな風に使いたいか、何ができたら嬉しいか良くわかってないと無理だ。

 それにしてもこうなると、ますますPCの出番が減ってくるような気がするな。iPadもiPhoneも未だに母艦が必要なのは相変わらずなんだけど、母艦なしでも使える環境がだんだん整いつつあるようだ。データのバックアップについてスマートな方法が出てきたら、これらのデバイスがPCから離れる日も間近である。今の流れでいくとやっぱりクラウドに置くのだろうか?

Appleの年

 日本でのサービス開始は無理だと思っていたのだけど、iTunesでの映画配信の開始、さらにAppleTV発売開始というサプライズがあった先週。普通のレンタルに比べるとまだかなり割高感はあるものの、面倒な手続きなし、待ち時間なしのサービスは魅力だし、iPadやiPhoneで持ち出せるというのは利便性が高い。そろそろiPadの売れ行きが鈍ってきたという報道があったばかりだけど、これはてこ入れになるかもしれない。ちょうど出張があったから二本ほどレンタルして持っていき、行きの飛行機の中と、ホテルのベッドで鑑賞していた。iPadのバッテリーの持ちと画面サイズはこういう用途にはやっぱり向いている。

 それにしても、まだ1ヶ月半くらい残ってるけれど、2010年はAppleの年だったと言ってもいいだろう。それくらい良くも悪くも話題の中心にいた。年明けのiPad発表に始まり、夏前まではiPadの快進撃。その後、秋まではiPhone4に新型のiPod。10月終わりに次期MacOSとMacBookAir、そして今回の映画配信と製品/サービス関係だけでも注目を浴び。ほかにも、評価額や売り上げでマイクロソフトを抜いたり、全世界での携帯電話のシェアで4位に浮上したりと、業績は絶好調。まあ、その一方でアドビとのFlash戦争や、iPhone4のアンテナ問題など批判を受けることも多かったわけだけど。

 もっとも今年に限らずここ数年のAppleはずっと好調を維持している。よく「信者」と揶揄されるコアなファンに支えられている部分もあるだろうし、マーケティングによるイメージ作りのうまさというのもあるだろうけど、それだけではAppleのこの強さは説明できないだろう。
  
 例えば携帯電話。このところ androidの追い上げもすごいし、Windows Phone7も出てくるから来期もこの位置にいられるとは正直思わない。とはいえ、事業に参入してからわずか3年ちょっと、しかも実質1機種で、そのうえ1年に1度しかアップデートしていないというのに4位というのはとんでもない。
 ほかにこんなやり方をしているメーカーは皆無と言っていい。ユーザーの各種ニーズに会うように販売地域に会わせて多数の機種を取り揃え、年に何回か機能をアップデートするというのが普通のやり方である。Appleは違う。ただ一つの機種にリソースを集中し、開発期間を長くとって作った製品をすべての国に供給する。これは効率や収益性の面から理想的と言っていいもの作りだろう。
 でもこんな戦略は、製品によっぽどの自信がなければとてもできない。それだけの年月をかけて開発したものにそっぽを向かれたらリカバリーがほとんどきかないのである。もちろんiPhoneには複数年契約という縛りと、多数の専用アプリケーションという保険はかけてある。でもそれだって、そもそも最初に買ってもらえなければ始まらないことだしね。こんなやり方を何の迷いもなく実行できてしまうというのはやっぱりすごい。

 そしてこの戦略はすべての製品について共通になっている。Apple製品の場合、純粋な意味での新製品というのは短いものでも1年、長いものに関しては数年単位のスパンで登場する。Macを例にとれば、開発サイクルの短いチップセットやGPUについてはトレンドにあわせるようにマイナーチェンジはするけれど、それ以外の部分については、見た目も含めた大きな変化は数年に一度となっている。毎シーズン新しいモデルを登場させている他のメーカーとはやりかたが違う。(もっとも、この戦略と秘密主義のおかげで、買い替え時を判断するのがかなり難しいということもあるんだけどね)先に書いたようにリスクの多い戦略に見えるけど、いちかばちかの勝負ではない。ちゃんと勝算あってのことだし、それは結果が証明している。
 

むしゃくしゃしてやった

 またもや白のiPhoneが延期になってしまい、なんかこのまま発売されないんじゃないかという予想さえある。白が欲しくてずっと買わずにいたので、いまさら黒いのを買う気にもなれないでいるのだが、発売が来春ではへたすりゃ半年もしないうちに次のバージョンが出てしまうではないか!

 そんなわけで、ついうっかりこんなものを買ってしまった。
Air1.jpg

 あちこちで好評の新型MacBookAirである。買ったのは一番下のモデル。冷静に考えればiPadを持ってるわけだし、うちの環境では明らかにいらない子であるのだが、しかしこの薄さと軽さは確かに魅力的である。まだ持ち歩いたのは一日だけなのだが、なかなか好感触であった。iPadに比べるとはるかに文章は入力しやすいので、通勤中にコード書いたりできるし。いや仕事じゃなくてね。

 スペックだけ見るとパワー不足かと思われたCPUまわりだが、レスポンスは早いし、全く問題ない。特に感じるのはとても静かなことである。ファンが回ることもなくほとんど無音。復帰の早さもあって使い勝手は今までのMacBookよりもiPadに近い。CPUの性能はそこそこだけど、ストレージ周りとGPUに高速なものをそろえたことで、全体のパフォーマンスをうまく調整してストレスを感じさせないようにしてるわけか。このあたり次期OSのLionがどんなものになってくるのかも想像できておもしろい。


 さてうちには、かつて「Mac唯一のモバイル向けノート」と呼ばれたPowerBook2400があるので、比較してみた。
Air_2400.jpg


 実は上から見た面積は2400の方がちょっとだけ小さい。でも薄さは圧倒的であった。これだけ薄いと華奢に見えそうなものだが、そんな感じが全くしないというのもすごいな。入力もAirの方がやりやすい。この10年でトラックパッドはずいぶん使いやすくなったものだ。2400のトラックパッドは今みるとかなり狭く感じるね。

 2400は無理して軽量化している感じがあった。それは先代のMacBookAirもそうなのだけど、なぜか今回のAirにはそんな感じを受けない。実際にはCPUにしろ画面サイズにしろキーボード配列にしろ、このサイズにおさめるための妥協は見て取れるんだけど、それが使う上でのストレスにならないバランスの良さがある。あちこちで好評なのも良くわかる。

 

iPadと三週間

 発売日に到着したので、もう三週間と少し使っていることになる。最初に買ったときには主に家で使うつもりだったのだが、今じゃほとんど毎日鞄に入れて持ち歩いている。

 今日初めて、駅でiPadを使っている人を見かけてしまった。発売当初のちょっと異常な盛り上がりはさすがに収まったようだけど、とりあえず順調に売れ続けてはいるのかな? 販売台数のアナウンスは200万台達成の後は無いけれど、iPhone4の予約も、1日で60万台とかすごいことになっているようなので、人気は衰えてはなさそうである。最初に日本でiPhoneが発売されたときにもかなり話題になったけれど、あの時との大きな違いは日本国内企業の対応の早さ。いくら売れてるっていっても、まだ多く見積もってもせいぜい数十万台というデバイス向けて名乗りを上げるサービスの多いこと。それに、企業での導入の動きもだいぶ早い。

 今のところ、かなり控えめに言っても大成功ではないかと思えるiPadだけど、発表当初はかなりネガティブな評価も多かった。こんなのとかね。もちろん、今でもあまり評価していない人はいて、特に未だに母艦となるPCかMacが必要なところとか、持ってみると意外と重いとかはその通りだとは思うのだけど、どうも既存のノートPCと比較して、あれが出来ない、これが出来ないってやってることが多い。だけど、それならiOSではなくMacOSを乗せて同じようなスペックのものを出したとしたら、今のような大ヒット商品になるかといったら、まず無理だろう。

 今までタブレットPCってたいして売れてない。特にiPadのような純粋なタブレット型(スレート型)となると、年に20万台も行かなかったというのが現実。今のPC向けのOSって基本的にこのタイプのデバイスには合ってないんだと思う。Windows7からはタッチインターフェースが採用されているけれど、キーボードとマウスがあればそっちを使うことの方が多いだろう。かなり特殊な用途でなければタッチで操作することのほうがまれになる。実は東芝からこんなノートPCが発表されたのだが、かなり苦労してるのがわかる。OSの上にUIのレイヤーをかぶせるって、それは相当苦肉の策、できればそういうのは避けたいけれど、自前のOSをもってなければどうしようもないよな。(そういえばタッチインターフェースではないけれど、SonyのVaio Type PはWindowsではないOSを乗せてたっけ) 自分でiPhone 向けのアプリを作ってみればわかるけど、マウス操作を前提に作られたソフトって、そのままじゃタッチ操作には合わないんだ。使えないことはないけれど、使い心地はかなり悪い。

 そう考えるとiPadがこれだけ成功している理由の1つは、二年にわたってタッチインターフェースのアプリを開発し、使い勝手を向上させ続けてきた大量のデベロッパーたちにあるといえるだろう。発売と同時に五千本のアプリがリリースされるというのはかなりすごいことだ。

iPad予約しました

 たぶん何の意外性もないであろうが、予定通り朝起きて一番にWi-Fi版32GBを予約(笑) 3G版にしなかったのは、既にiPhoneを持っているからというのが一番大きい。あと、日本国内で売られるやつにはSIMロックがかかったままというのも理由の1つかな。
 ただ、もし私が車を運転する人だったら、GPSのついている3Gにした可能性は高い。もうそのままでカーナビとして使えそうだし、たぶんiPad専用のカーナビソフトはじきに出るだろう。おそらく車載キットなんかも。そしてこれ、ただのカーナビで収まらないからな。いやiPhoneでだってできたかもしれないが、画面のサイズが全然違うからね。

 さて、以前から報道されていたとおり、日本ではiBookstoreのサービス開始は未定のまま。iTunesの時のことを考えると数年単位で待たされることは覚悟しておいた方が良さそうではあるが、実のところそんなことはどうでもよいのである。
私の場合、電子書籍化の最大の動機は、家にある大量の本を何とかしたいというところにあるのであって、別に最初に買ってくるときには紙の本でもかまわなかったりする。ただそれだと電子化するのに手間がかかりすぎるし、取り込んだ後読もうと思ってもパソコンのディスプレイじゃ読みにくいから、今までできなかった。

 だが今、取り込む方はドキュメントスキャナー+裁断機というコンビで簡単にできるようになり、そしてiPadには、早くもリーダーとしてキラーアプリとも言えそうなものがリリースされた。たぶんこのまま日本でまるっきり電子出版が動かなくてもiPadで本を読む人は増えるんじゃないだろうか?

 というわけで、今は暇を見て自力で電子書籍化を進めているところである。もう二〇〇冊くらいは行ったはずなんだが、なんかあんまり減った気がしない(^^;

準備中

iPad発売まであと約一ヶ月ということで、手元の本を電子化しようと裁断機とドキュメントスキャナを購入してしまった。ビューアーとして使おうと思っているのがCloudReaders。作者はかつてマイクロソフトの技術者だった中島聡さん。スキャナで読んだ文書ファイルの場合は、PDF化するよりJpegのままの方がいいということなので、今はひたすらJpegで読んで一冊ずつフォルダに落とし込んでいるところである。
とにかくやたらと場所をとっているコミックスあたりから始めているのだが、実はCoverFlowが結構便利だ。スペースバーで拡大表示させておいて、カーソルキーでページ送りさせてやると、そのままでもそこそこのビューアーとして使える。ま、ページ送りが右から左なのが難点ではあるのだが……。

そんなわけで、時間をみて裁断しちゃスキャナで読み込みをやっている。しかし、あんまり減った感じがしないというのがなんとも(^^; つーか、なんでこんなにいっぱい本があるんだ、うちは(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。