スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も

 いつもこの季節に開催しているPSY・Sカラオケオフ。今年も11/13(土)に行われたのであった。諸般の事情から一時間ほど遅刻しての参加になってしまったものの、あいかわらず密度の濃い時間を過ごすことができて幸せである。
スポンサーサイト

夢見たことを いまあなたと見てる

 11月7日、新型インフルエンザが猛威をふるう中、約1年ぶりの開催となったPSY・Sカラオケオフに行ってきた。今回は直前のキャンセルなんかもあったけれど、それでも総勢27人。遠く神戸や鳥取からこのオフのためにやってきたという人もいるというのが、なんだか凄い。

どんなに遠くても 点滅するシグナル

 昨日、11/22は一年ぶりとなったPSY・Sカラオケオフであった。関東地区での開催は回を重ねること六回目、そして参加人数は過去最多の33人。もう解散して10年以上経つ、決してめちゃめちゃメジャーだったわけでもないグループのオフ会でこれだけ集まるというのは、結構凄いと思うのだ。関西から来ちゃう人もいるし(笑)しかも二人も。

PSY・Sレビュー リスト

今まで書いたレビュー記事のインデックス。
――曲――

Teenage
from the planet with love
I・E・S・P(アイ・エスパー)
Big Kitchen
景色
星空のハートエイク
Paper Love
Desert
私は流行、あなたは世間

WOMAN・S
Everyday
コペルニクス
Ready For Your Love
Brand-New Menu
Another Diary
May Song
Down The Slope
ジェラシー"BLUE"
Old Fashoned Me

Simulation
電気とミント
青空は天気雨
TOYHOLIC
Lemonの勇気
Sweet Targedy
Long Distance
Cubic Lover
ガラスの明日

Parachute Limit
Spiral Lovers
(Shooting Down) The Fiction
Romeo
EARTH~木の上の方舟
Angel Night -天使のいる場所
Siver Rain
Robot
薔薇とノンフィクション
Hourglass 時の雫

Wondering up and down ~水のマージナル
WARS
ファジィな痛み
Stratosphere~真昼の夢の成層圏
遠い空
(北緯35°の)heroism
See-SawでSEE
STAMP
引力の虹
WARS -Reprise-

Kisses
遊びに来てね
マイティ・スマイル
1/2の永遠
Bronze
氷のヴィジョン
空の日
セパレイト・ブルー
GIMMICK
風の鏡

夏服とスケート
あさ~from day to day
宝石の島
ダブル・ダブル
オーロラの不思議な街
どうして?
Moonshine
PUZZLE
最後の楽園
in the Nude
ひみつ perspective love

倖せが迷う森
青空がいっぱい
D・I・V・E
金色の音符
ハートのパティオであいましょう
Anemometer-真夏日の風速計
VISION
約束と偶然
Blue Star
The Seven Colors

Power Stone
Believe in Music
be with you
sign
魔法のひとみ
花のように
もうちょっとだね
月夜のドルフィン
雨のように透明に
Seeds
Lotus

WAKE UP
Chasing The Rainbow
サイレントソング
Christmas in the are
3・D天国(ヘブン)
CHILD
Monster's Dance
Friends or Lovers

――アルバム――
Different View
PIC-NIC
Mint-Electoric
Non-Fiction
ATLAS
SIGNAL
HOLIDAY
Window
Emotional Engine

Two Hearts
Two Spirits
HOME MADE
Two Bridges
GOLDEN☆BEST

Collection
SweetHome & TO-Y

全曲制覇

ブログを始めた当初の目標だった、PSY・S全曲レビュー。まる三年かかってようやく達成しました。
二年くらいあれば全部いくかな~、とか思っていたんだけどね。残りが少なくなるにつれてペースが落ちていったというパターンでしたな。

最後をLotus->Seedsにする、というのは最初のころからのもくろみだったのだが、そこに到達するまでが長かった。

PSY・Sネタがこれでおしまい、ということにはならないのだけどね。

Seeds/PSY・S

 解散の時に出したベストアルバム「Two Bridges」で最後の曲だったのが、このSeedsである。そんなことからも、これがPSY・Sとしてのファンへの最後のメッセージだったのかな、なんて思っている。この曲はバラード調で始まるのだけど、途中で急に激しいラップに変化する。これがなかなかカッコいい。しかし、これに関しては本当に凄いのはライブで演った時のである。残念な事に、このときのライブはビデオが発売されていないので、本当に記憶に焼き付けておくしかなかった一回こっきりのものだ。
If you can trust yourself strong enough to go on
You will someday make your wishes come true
No need to cry
Don't be afraid of tomorrows

この曲が発表されたのは解散する一年以上前だけど、こうして見ると、もうこのときにはそのつもりだったんだろうなぁ。なんてことを改めて思<った。

作詞:CHAKA
作・編曲:松浦雅也
アルバム
Emotional Engine
Two Bridges

Lotus/PSY・S

 彼らの最後のオリジナルアルバムである「Emotional Engine」には二曲のインスト曲が収録されている。そのうちの一曲「sign」の方は、独特の緊張感がある曲で、「be with you」と「魔法のひとみ」の二つのイメージをつなぐ役だった。
 こちらは、アルバムのラスト。優しいような寂しいような、落ち着いた感じの曲である。それは、”最後のオリジナルアルバムのラストの曲”ということから感じさせられる事なのか、それとも、もとからこういうイメージの曲だったのか、今となってはどっちだがわからなくなっているのだが。
 でも、私にとっては、すごく楽しい遊びが終わって、家に帰るときが来ました、って曲なんだよね。(<ー下校の音楽みたいだが)

作・編曲:松浦雅也
アルバム:
Emotional Engine
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。