スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneアプリ開発への道ー準備編その3 ドキュメントとかチュートリアルとか

SDKを落としてきたのはいいけれど、良くわからないツールはいっぱいついてくるし、ドキュメントもいっぱいあるし、なにから手を付けたらいいかわからん、って人もいるかと思う。特に開発言語がObjective-Cというドマイナーなものなので、余計に取っつきにくいかも知れない。
とはいえ、前にも書いたけれど主要ドキュメントが日本語化されているのがありがたいところ、まずは習うより慣れろで、いくつかあるチュートリアルを一通り動かしてみるというところから始めるのがいいと思う。
Objective-Cのドキュメントも日本語されているが、最低限C言語の知識が必要とされていることは注意が必要である。また、チュートリアルを卒業して、自前のプログラムを組むとなると、iPhoneが採用しているCocoaフレームワークについての基礎知識も必要になってくる。
そのあたりに自信が持てないという場合は、いっそのことMacの開発入門書を読んでしまうと言うのも一つの手である。そう言う場合は「Amazon.co.jp: たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]: 木下 誠: 」がおすすめ。

こういう場合大切なのは、一通り全体に目を通したらもう一回自分の書いた最初のチュートリアルコードを見直してみることである。最初はなんでこんなことをするんだ??? と思ってたことがわかるようになってくる。不思議なことにある日いきなりぱっと見通せるようになるんだけど、そこにたどり着くまでが結構難儀なんだよね。壁を越えると思ったことが実現できるようになってきて、面白くなるんだけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。