スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grapher

 Tigerになって新しく追加されたユーティリティにGrapherというのがある。これは、OSXになる前に付いていたグラフ計算機というやつのOSX版なのだ。どういうプログラムかというと、

このように、数式を入力してやるとグラフを作ってくれるのだ。例として上げているのは3Dだけど、y=x^2-2x+1なんて二次元のグラフも描ける。作ったグラフは画像として出力することも出来るので、理系の学生とか先生なんかにとっては結構便利なユーティリティなんじゃないだろうか。アプリケーション/ユーティリティフォルダの中に入っている。
 ただ、残念なことに、日本語ヘルプが入っていないみたいなんだ。トピックスの目次までは出てくるんだけど、クリックするとエラーになってしまう。ちょっともったいない。

(2007/6/17 追記:その後、ヘルプも日本語化されたけれど、読んでも使い方がよくわからなかったりする。チュートリアルみたいなものがあるといいんだけどね。まだ、機能の大半は使いこなせてはいないけれど、結構使えるアプリケーションである)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。