スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月が楽しみであります。

 忙しいので、ちょっと出遅れてしまったのだが、やっぱりこれには触れておきたい。
ジョブズ氏の魔法を上回るiPad「手にとって体験してほしい」- Apple発表会
 実際に登場したものは、価格を除けば事前に予想されていたものとそれほど変わらないこともあって、反応はそれほど良くはない。確かに今はあのサイズと重量のノートPCは手に入る。そしてノートPCであればiPadで出来ることは全部こなせるし、逆にiPadじゃ出来ないことだってこなせるだろう。そりゃ、今のノートPCの延長線上にあるデバイスを想像していたとしたら肩すかしに思えるのも無理はない。要するにスクリーンがでっかくなったiPhoneでしかないというのも、まあ、それはその通りではあるんだ。

 でも、その「単にスクリーンがでっかくなったiPhone」ってのは結構便利だと思うんだよね。実際に日頃iPhoneを使っていて良く思うのが、これでもう少しスクリーンが大きければいいんだが……だったりするわけだし。
 例えば、文章を読むにしても、あのサイズがあれば指でページをめくりながら読んでいくのはかなり快適そうだし。いわゆるコンテンツビューアーとしてはもの凄く優秀だよね。それほど大量の入力を行わないという前提であれば、ハードウェアとしてのキーボードを持たないことは欠点ではなく利点になる。実際に、寝そべりながらノートPCを使ったりしたことがあるならわかると思うけど、意外に邪魔なのよキーボードって。
 そしてタッチディスプレイと言うことで、そうやって眺めながら、まるで紙の資料に書き込むみたいに、簡単なメモを残したり、線を引いたり、マーカーで塗ったり、そんな使い方ができるビューアーソフトというのは必ず出てくるだろう。もちろん自分が書き込んだものは、そのまま索引付けされて、元のデータとは別に保存、検索できるような感じで。

 そして、iPhoneよりずっと大きな画面は、人に見せることもずっとやりやすい。そうなれば、これ一枚持って行けば大量の紙の資料を持ち歩かなきゃならない人にとっては非常に便利だろう。そして画面に表示できるのはもちろん文章だけじゃないわけだし。一番向いてそうなのが学校かな。教科書とノートの代わり。

 そりゃもちろん、日本でもBookStoreのサービスが始まってくれた方が嬉しいし、アメリカじゃ既に始まっている映画やドラマの販売・レンタルをやってくれるんだったら、もう言うことないんだけど、たとえそれが無かったとしても、かなり魅力的な気がするんだよね。ちょっと期待しているのが音楽再生で、かつてLPのジャケットを眺めながら音楽を聴いていたころのように、iPadに表示されたライナーノートや、歌詞カードを眺めながら音楽を聴くなんてのが復活しそう。そうかそれでiTunes LPなのか。

 ……それ以前に、こんな話を聞かされては、いじり倒すためにどうせ買うことになるんだろうけどね。(忙しくてまだSDK落としてないんだよね)
スポンサーサイト

今日は帰国日

 もうこちらの時間に合わせる必要もないので起きてます(笑) 
 日本じゃiPhoneが売れるか売れないかの話題で賑わっているようですが(そして、それほどヒットしないという説が有力みたいですが)、とりあえずそれとはまるっきり無関係に私は買いますので(笑) 今から7月11日が楽しみです。
 つうかね、早めに手に入れたいので最初はそんなにいっぱい売れて欲しくないかも(^^; Touchのときみたいに、品薄で一ヶ月くらい手に入らないなんてのは嫌だしぃ。

 今回、WWDCに初めて参加した感想は色々あるけれど、基調講演の反応がデベロッパー視点とそうでないとやっぱり違うもんだな、というのが大きかったかな。どうやって中身をいじろうか、と考える人とそうではない人とでは、着目する所が変わってくるんだろう。もちろん、共通して気になる部分、たとえば実際の通信プランがどうなるのか、とかもあるのだけど。

 一部では不評だったらしいiPhoneデベロッパー紹介が長かった件についても、私は楽しかったけれどね。それぞれのデベロッパーがiPhoneをどんな物としてとらえているのか、というのが見えて。
 そのあたりは、帰ったらいずれゆっくりとまとめてみようと思う。

 やっぱり来て良かったな。考えてみたら、iPhoneのアプリって700円くらいで売って、1000人くらいが買ってくれれば五十万くらいの売り上げになるので、楽勝で参加費用がでるじゃないか(笑)
 よし、希望が出てきたぞ。

It's Over

終わってしまいました。
半ばは結構きつかったけれど、ある意味、プログラマーにとってのアルカディアみたいなイベントなので、終わってしまうとなるとやっぱり少し淋しいです。かなり充実した一週間だったなぁ、ってお家に帰るまでが遠足WWDCですね(^^;

来年も来たいな~。次回は会社を説得して会社のお金で来るか、iPhone向けソフトで一発あてて旅費を作るか。……どっちもだめだったら、諦めて貯金しよう(結局また来るつもり(笑))

知恵熱が出そうです(^^;

 今日は二日目、iPhone関係を中心に回っている。午前中はまだいいのだけど、午後になると時差ボケ+内容がだんだん細かくなっていく+しゃべってるのが全部英語という三重苦できっついです(笑)

 ついてくのに必死。しかも結構大事なところで意識失っていたし……orz。後で復讐復習しとかないと。
 まあ、好きでやってる事だからねぇ。

雪豹のことも忘れないで

 一日目のセッション終了。早起きして並んだ上、時差ボケが抜けきれていないので、今日は正直、かなりきつかった(^^; 午後のセッションでは何度か意識を失ってました(^^;
 キーノートはほとんどiPhone一色で、ほとんどスルーに近い扱いであったけれど、次期Mac OSX、コードネームSnow Leopardも発表になってはいるので、忘れないように(^^; とはいえ、キーノート以外は機密扱いなので、詳しいことは何も言えないのであった(^^; 派手さはないけど、開発する上では面白そうな話も結構あるんだが、本番は明日からという感じ。

 iPhoneは、おサイフケータイにならないとか、今の日本の携帯と比べると入ってない機能が色々あるけれど、あれは携帯電話じゃないから(笑)
 常時インターネット接続が可能で、その上電話がかけられるカメラ付きのiPod Touchが、二万とか三万で買えるって思うと、安くないですか?(Max $199って言っていたから、へたすると二万を切る可能性も....)

 というわけで、私は人柱になることを決めた。思ったより早く来たな~。

やはりそろそろなんだろうか?

 気がつけば、あすから6月。もうWWDCも目前なわけだが、ここにきて、日本でのiPhone発売開始の噂があちこちで出回ってきている。
林信行に聞く、iPhone日本発売はいつ?(前編)
林信行に聞く、iPhone日本発売はいつ?(後編)
本田雅一の「週刊モバイル通信」日本版iPhoneの登場がもたらすもの
 あまり期待しすぎると、外れたときにがっくりきそうなのだが。それでも今回は信じてもいいような気がする。実は最初アメリカ国内のみで始められていたiPhoneのデベロッパープログラムが、最近になって日本国内のデベロッパーも参加できるようになってきたというのもある。
 確かにiPod Touchがあるから、それだけを対象にしてアプリを作るケースもあるかもしれないが、本命はiPhoneだろうから。それを考えれば、そろそろ発売の目処が立ってきた、と考えてもおかしくない。

 なにより、Google Mapがどこでも使えるようになる、というのが一番あり難いんだよね。(GPS携帯を持っていても道に迷う私にとって、気休めくらいにしかならないのではないか、というのは考えない事にしておこう)

新しいiMac

 そろそろ出るという噂通り、昨日発表になり、今日にはもう店頭に並んでいたわけだが、なんか、コストパフォーマンスがやたら良くないですか、こいつら?
 一番下のモデルでもCore2Duo2.4GHz、20インチで139,800円、最上位機種だと、24インチモニタに3.06GHzで224,600円と、最近のドル安を反映してか、かなり安くなってる印象が。コストパフォーマンス的には上から二つ目あたりが一番だと思うが、その下の169,800円というのもなかなかお値打ち感があっていい。

 ふと、国産WIndows機と比較して見ようと思いついて、普段は全く足を踏み入れないPC売り場を覗いてみたところ、あちこちに緊急値下げの手書きの値札が貼ってあったのだけど……これってもしかして、iMacのせいなのでは? 気のせい?

 ……いや、買いませんよ? なんか、背中を蹴ろうとしている人がいるみたいだけど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。